GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ハイブリッド蓄電システム [パワーイエ・ファイブ・リンク]
事業主体名
エリーパワー株式会社
分類
その他住宅用機器・設備
受賞企業
エリーパワー株式会社 (東京都)
受賞番号
18G060571
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

●太陽光発電からも充電できる、パワーコンディショナ一体型の蓄電システム●「電気」を貯め、家庭でのピークシフト対策や災害時の非常用電源として利用可能 ●LTEとBluetooth5を搭載したM2Mルーター(無線通信装置)を搭載することで家電製品や住宅設備機器と連携しHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)に対応 ●世界トップクラスの安全性と、長寿命を兼ね備えた自社開発の「大型リチウムイオン電池」を搭載し、ユーザーが安心して長く使用することが可能●多様な住宅環境に調和する、ノイズを抑えた造形とCMFによる秩序と品格のデザイン。

プロデューサー

エリーパワー株式会社 代表取締役社長 吉田博一

ディレクター

エリーパワー株式会社 代表取締役専務執行役員 河上清源

デザイナー

GKインダストリアルデザイン 朝倉重徳、鈴木慶、根岸岳

詳細情報

http://www.eliiypower.co.jp/products/general/pi5l.html

発売
2018年1月
販売地域

日本国内向け

設置場所

屋外

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

未来の標準をめざした、環境と調和する、ノイズを抑えた造形とCMF

背景

深刻化が進む環境問題や資源問題、また電力自由化を背景に、再生可能エネルギーや発電された電力を効率良く利用するための「蓄エネ」の発想は、一般家庭に急速に広がりを見せている。製品開発では、より多くの消費者ニーズに応えるための蓄電容量2ラインアップと、家電製品や住宅設備機器との連携(IOT)対策のために、LTEなどの通信規格に対応する無線通信装置を搭載することが求められた。

デザイナーの想い

電気は熱、光、通信、動力に形を変えられる極めて質の高いエネルギーと言える。唯一の欠点は電気の形で保存できないことで、リチウムイオン蓄電システムはそれを解決する有効な手段だ。環境問題や非常時電源のことを考えると今後さらなる普及は間違いなく、屋外に置かれる住設機器における未来の標準をめざして開発した。

仕様

■リチウムイオン蓄電池ユニット  寸法:幅 550 ×奥行300×高さ991(mm) 重量:106kg  蓄電容量:5.4kWh (1ユニットあたり。2ユニットまで接続可能) ■ ハイブリッドパワーコンディショナ(壁掛けタイプ)  寸法:幅 487 ×奥行200×高さ681(mm) 重量 :30kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

販売はエリーパワーまでお問い合わせください
製品ページ (POWER iE5 Link(パワーイエ・ファイブ・リンク))
カタログ

審査委員の評価

今後、注目されていくだろうインディビジュアルな蓄電システムの可能性を感じた。こういったテクノロジーは無意識のレベルで生活を支えることでインフラストラクチャーとなると思う。そういった意味で、外観のデザインも住宅に寄り添うべきで、その存在を主張しないという思想は支持したい。

担当審査委員| 橋田 規子   寺田 尚樹   二俣 公一   安西 葉子   Dino Fabriant  

ページトップへ