GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
カメラ用交換レンズ [TS-E50mm F2.8L マクロ/ TS-E90mm F2.8L マクロ/ TS-E135mm F4L マクロ]
事業主体名
キヤノン株式会社
分類
カメラ・携帯電話・タブレット
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
18G050352
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

中・大判カメラの撮影スタイル「アオリ」を可能にするレンズ交換式カメラ用プロ/ハイアマチュアユーザー向けレンズ。アオリ撮影とは光軸をティルト(傾ける) 、シフト(ずらす)、レボルビング(回転)させる事で遠近感やピント位置を調整する撮影手法。標準から望遠までの焦点域を揃えて建築から小物までさまざまな被写体に対応させた。広告写真分野で要望の多かったマクロ撮影にも対応し小物の撮影なども行えるようになった。さらに従来広角が主流であったティルトシフトレンズへ初の135mmという望遠を追加。被写体までの撮影距離をかせぐことにより背景ボケのある撮影や被写体へ近寄れない状況での撮影など撮影領域をさらに拡大した。

プロデューサー

キヤノン株式会社 執行役員 イメージコミュニケーション事業本部長 戸倉剛

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 石川慶文

デザイナー

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 千葉俊巳

詳細情報

http://cweb.canon.jp/ef/special/ts-e/index.html

発売
2017年12月
価格

315,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ティルト/シフトレンズに求められる機能といかなる状態においても流麗で美しい円筒フォルムの両立

背景

需要の多い建築写真や広告写真の現場を調査した結果、遠近感によって被写体の垂直が傾いてしまうことや鏡面への撮影者自信の映り込みなどを回避する方法としてティルト/シフトレンズを用いたアオリ撮影が必須の条件であるという事がわかった。そして従来機種の17mm、24mm、45mm、90mmという広角寄りの画角(焦点距離)の展開では十分とは言えずさらに多くの画角が求められていることもわかった。またティルト角やシフト量、最短撮影距離などに関しても現状では思い通りの写真が撮れないという不満もあがっていた。そこで光学性能の大幅な見直しを行い画質の向上を行うとともにティルトとシフトの調整域の拡大、マクロ撮影への対応、さらに135mmという望遠を追加して画角の幅を広げて多くの要望に応じ、性能だけでなく使用時においても美しい佇まいとなるよう留意して外観デザインを行った。

デザイナーの想い

従来のように円筒形に箱が嵌合したような不自然な形状では見た目が悪いばかりでなく、撮影時の動作の邪魔となるうえに収納性の問題にもなっていた。このことを解決すべくレンズ本来の姿である円筒形状にとことんこだわり、極力不要な突出を抑えたうえ接合部分は平面ではなく柔らかな曲面で構成している。デザインを進める際には常に変形状態を意識した。生き物の関節をイメージさせる柔らかな形状は変形状態においても菱川 師宣の見返り美人のように全体がたおやかで流麗なデザインとなっている。外観面はレザートーン塗装を用い機器の硬質なイメージに高級感を与えた。また角度表記など状態を数値として知ることのできる表示を随所に施し求められている機能を満たすとともに精緻感の向上へもつながった。

仕様

TS-E 50mm F2.8Lマクロ φ86.9mm×114.9mm(最大径×長さ) 約945g TS-E 90mm F2.8Lマクロ φ86.9mm×116.5mm(最大径×長さ) 約915g TS-E 135mm F4Lマクロ φ88.5mm×139.1mm(最大径×長さ) 約1,110g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

キヤノンオンラインショップ、キヤノンデジタルハウス、家電量販店など
キヤノンオンラインショップ|TS-Eレンズ
キヤノンパーソナル向けショールーム

審査委員の評価

下のアングルから撮影して、迫力を出す「アオリ撮影」。その際に生じてしまう画角の歪みや焦点域の調整を実装した使いやすいレンズに仕上がっている。プロ/ハイアマチュア向けの高い補正機能を実現しながらも、ユーザーインターフェースが直感的で、操作性の高さは秀逸である。ティルトシフト初の望遠撮影も可能になり、建築写真や広告写真など、プロ利用を意識した完成度の高いレンズである。

担当審査委員| 片岡 哲   石川 俊祐   石川 温   櫛 勝彦   林 千晶   De Liu  

ページトップへ