GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
コンパクトデジタルカメラ [PowerShot G1 X Mark III]
事業主体名
キヤノン株式会社
分類
カメラ・携帯電話・タブレット
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
18G050341
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

PowerShot Gシリーズの最上位機種であり、本格的なファインダー撮影を楽しみたいハイアマチュアユーザー向けレンズ一体型コンパクトデジタルカメラである。APS-CサイズのC-MOSセンサーをキヤノンのコンパクトカメラで初めて搭載し、高速・高精度なオートフォーカスを実現するデュアルピクセルCMOS AFや、光学3倍ズームレンズ、防塵・防滴性能、電子ビューファインダー、バリアングルモニターなど、高性能かつ充実した機能を一台に凝縮した。徹底した小型軽量化と快適な操作性を両立したデザインを追求し、気軽に持ち運べ写真撮影の楽しみをじっくりと味わえる究極のオールインワンカメラを目指した。

プロデューサー

キヤノン株式会社 執行役員 イメージコミュニケーション事業本部長 戸倉剛

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 石川慶文

デザイナー

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 髙谷慶太

詳細情報

http://cweb.canon.jp/camera/dcam/lineup/powershot/g1xmk3/index.html

発売
2017年11月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ハイアマチュアユーザーを満足させる操作性と携帯性を兼ね備えた究極のコンパクトデジタルカメラ

背景

コンパクトデジタルカメラ市場では、1インチ以上の大きなCMOSセンサーを搭載した「高級コンパクト」というカテゴリーの需要が高まっている。PowerShot G1 X Mark IIIのターゲットユーザーは、 その中でも一眼レフを使いこなすハイアマチュアユーザである。彼らは普段は一眼レフで本格的な作品作りを楽しみながらも、スナップ撮影をする時などに携帯性に優れ、一台で幅広いシーンに対応できるサブ機を求めている。写真に精通しているため、画質、AF性能や道具として手になじむ操作性、持つ喜びのあるデザインなどにも妥協することがなく、あらゆる面で高性能なカメラが求められている。そこで、我々はハイアマチュアユーザのカメラに対する強いこだわりに応える高画質、小型軽量を軸に、 一眼サブ機として快適に使える本格的なコンパクトカメラを目指した。

デザイナーの想い

最上位機種にふさわしい、カメラ然とした直線基調の力強く精悍なデザイン、操作ダイヤル類には、精密な切削加工によるアルミパーツを採用し、手にする歓びと心地よい操作感を生み出す本質的なカメラの姿を目指した。本体全周に施した柔軟性のあるグリップには独自開発の強化樹脂との一体成型により、品位や剛性感を損なわず徹底した小型軽量化と手になじむホールド感を実現した。電子ビューファインダー撮影時の操作性を向上させるため、天面を前方に傾斜させ、その上にレリーズボタンやダイアル類を配置し、カメラを構えた時に自然に指にかかり、露出や絞りなどの調整がスムーズにできるよう配慮した。レリーズボタン、ダイヤル類は高さと角度はもちろん、ローレット形状を含め、幾多にも及ぶ試作と検証を重ね、コンパクトカメラならではの携帯性と撮影意図をすばやく反映させる操作性を両立し、ハイアマチュアユーザが快適に使えるデザインを追求した。

仕様

大きさ:115.0(幅)×77.9(高さ)×51.4(奥行)mm、質量:約399g(ブラック・本体のみ)、APS-CサイズCMOSセンサー(デュアルピクセル CMOS AF対応)、24-72mm(35mm判換算)相当F2.8-F5.6のズームレンズ搭載、約2,420万画素.。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

キヤノンオンラインショップ、キヤノンパーソナル向けショールーム、家電量販店など
キヤノンオンラインショップ|PowerShot G1 X Mark III
キヤノンパーソナル向けショールーム

審査委員の評価

カメラ全体を3次曲面や単純な2次曲面によってまとめるのでは無く、直線と反りの組み合わせによって美しく構成している点がこのカメラの外観上の特徴であり魅力である。勿論それは操作性、機能性から来る必然の造形であるが、クラシック感がもてはやされる現在のコンパクトカメラ市場において、このような新しく美しい存在の登場は貴重である。

担当審査委員| 片岡 哲   石川 俊祐   石川 温   櫛 勝彦   林 千晶   De Liu  

ページトップへ