GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
センサー [環境センサーシリーズ]
事業主体名
オムロン株式会社
分類
一般・公共用情報機器
受賞企業
オムロン株式会社 (京都府)
受賞番号
18G030192
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

環境情報(温度、湿度、気圧、照度、音圧、加速度、VOCガス等)を常時収集するセンサーで、環境センサーとUSB型環境センサーの2種類がある。 ユーザーはネットワークを介して環境情報を確認・監視したり、異常発生時にプッシュ通知を受け取ることができる。また、内蔵メモリーにデータを格納することで通信が確立していない場合でも情報の欠損を防止できる。環境センサーは可搬型のバッテリー駆動とし、USB型環境センサーは据置型で常時監視を可能とする。これらは、主に一般コンシューマの住環境の把握を目的に、熱中症予防や空調管理の他、生活動向の把握などにも効果を発揮し、遠隔地に住む家族の様子を見守ることもできる。

プロデューサー

オムロン株式会社 柿谷淳也、山ノ井健文

ディレクター

オムロン株式会社 上田直亜、中村佳代、酒井隆介

デザイナー

株式会社リバーデザインフィールド 河原修治

詳細情報

https://www.omron.co.jp/press/2016/07/c0713.html

発売予定
2018年7月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

簡単な設置方法(置く・吊るす・USB接続)で様々な環境情報を収集し、生活に役立てる身近なIoT製品。

背景

近年、IoT活用をキーワードに、ウェアラブル端末や自動車、その他あらゆるものに搭載された各種センサーでデータを収集・分析し、生活やビジネスに活かす機運が高まる中、既存のセンサーによる収集だけでは、新たなソリューションやサービスを創出するのに十分な質と量のデータを確保できていない課題があった。この環境センサーシリーズは多くの種類の環境情報を正確に収集できる能力を持ち、無線で接続したネットワークを介してクラウドサーバー等に収集したデータを蓄積・運用することができる。更にそのコンパクトな筐体と相まって様々なアプリケーションにうまく対応でき、IoTの可能性を大きく広げられる製品となっている。

デザイナーの想い

環境センサーシリーズは、常に人の近くで身の回りの環境情報を見守る環境センサーと、在宅時外出時を問わず常時家の環境をモニタし続けるUSB型環境センサーの2種類があり、使われ方の違いでその形態も大きく異なる。環境センサーは、例えば若いお母さんがベビーカーやバッグに吊るして持ち歩いても違和感のないデザインをしていて、メーカーロゴも控えめな表現となっている。USB型環境センサーは超コンパクトな筐体で様々な場所での使用が想定でき、どんな場面にも違和感なく調和するシンプルなデザインとなっている。全く外観形状の異なる両者だが、センサー窓を共通のデザインアイコンとすることで、シリーズとしての整合性、訴求力アップを図ろうとしている。

仕様

・環境センサー:W39xH46xD15mm, 16g ・USB型環境センサー:W29.1xH14.9xD7.0mm, 3g

審査委員の評価

家の中とユーザーの近くという2つの状況それぞれに合わせて作られた2種類の環境センサー。同じ機能をコンパクトなUSB型とアイコニックなかわいらしさを持つストラップ型で表現し、より多くの情報をとることが可能になり、今後のIoTの可能性を広げた点が評価された。

担当審査委員| 手槌 りか   芦沢 啓治   松本 博子   山田 遊   Huiming Tong  

ページトップへ