GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ペット ケアモニター/個体識別バッジ [HN-PC001/ HN-PM001]
事業主体名
シャープ株式会社
分類
ホビー・ペット用品
受賞企業
シャープ株式会社 (大阪府)
受賞番号
18G020149
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ペットケアモニター」は、既存の猫用トイレと置き換えるだけで猫の尿量・尿回数・体重等の健康データを自動的に計測・記録し、獣医師監修のもとAIによる解析を行い、異変をスマホアプリでユーザーにお知らせするIoTサービスです。猫に多い泌尿器系の疾患では、尿量や尿の回数、トイレの滞在時間などをチェックすることが重要です。本サービスを使うことで飼い主が特別な行為を必要とすることなく、言葉を発しない猫の健康状態の変化に気づきやすくなります。専門家の知見と実証実験の積み重ねに基いた、健康情報のリテラシーにも関係なくだれでもかんたんに健康管理ができる商品とサービスです。

プロデューサー

シャープ株式会社 通信事業本部 デザインスタジオ 川充雄

ディレクター

シャープ株式会社 IoT HE 事業本部 デザインスタジオ 徳永大二郎、ブランディングデザイン本部 UXデザインスタジオ 中田裕士

デザイナー

シャープ株式会社 通信デザインスタジオ 鈴木恵司/IoT HEデザインスタジオ 西面直彦、外薗学/デザイン開発センター 原中陽/UXデザインスタジオ ジヤヴォラナンダ シティパン

詳細情報

https://pethealthcare.sharp.co.jp/

発売
2018年7月30日
価格

29,080円 (本体:24,800円 識別バッジ:3,980円 (+サービス利用料:300円/月))

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

世界中のペットとその家族に健康な笑顔を提供するデザイン。

背景

日本国内では約1845万頭のペットが飼育されており、15才未満の子供の人口 約1,600万人より多い状況にあります。少子化に伴う「ペットの家族化」や「長寿化」で、ペット自身の健康問題への関心は一層高まっています。中でも猫の人気が高い傾向にありますが、猫は体の不調を表情に出さないという習性がある為、飼い主が異変を感じた時には既に重い病状になっており、高額な医療費がかかるケースが多くなっています。こうした背景の中2015年より社内及び大学との産学連携の中で検討を進めてきた結果、IoTによる健康データのセンシング、クラウドでのデータ解析が有効であることが明らかになり、事業化につながりました。

デザイナーの想い

「猫」と「飼い主」両方の視点を持ってすべての要素を作り上げています。実際のユーザーである猫の視点で、既存のトイレと変わらずストレスなく使ってもらえるように配慮し、安心して排泄できる目隠し壁の高さや正面からアプローチしやすい形状など、専門家からのアドバイスと実証実験から導かれた構成要素を、飼い主の視点でメンテナンスしやすい、クリーンな形状に仕上げています。通知のスマホアプリに関しては、あたかもペットと飼い主が対話するような感覚でやり取り出来るインターフェースを採用しています。この商品を皮切りとし、今後IoT技術を活かした商品とサービスで世界中のペットとその家族に健康な笑顔を届けていきたいと考えています。

仕様

本体サイズ:幅380×奥行576×高さ210mm /本体質量:約6kg / 識別バッジサイズ:φ28.8mm× 縦33.5mm× 厚さ15.2mm(首輪装着時) 識別バッジ質量:約9 g(電池含む)/ アプリ動作環境:Android(ver 5.0~)、iOS(ver 10~)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

当社ECサイトなどで販売
ココロストア

審査委員の評価

猫用の健康管理モニター。猫がいつも通りに排尿するだけで、尿の量や回数、体重などを計測して、健康状態の変化をモニターできる。猫は体調不良を飼い主にも隠してしまう傾向が強いが、特別な行為を必要とせず、日常的に健康管理ができる点を評価したい。素材や配色にも気を配り、細部まで丁寧にデザインされている。

担当審査委員| 鈴木 啓太   川上 典李子   根津 孝太   吉泉 聡   Patrakit Komolkiti  

ページトップへ