GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
一体型水槽 [AQUA-U]
事業主体名
ジェックス株式会社
分類
ホビー・ペット用品
受賞企業
ジェックス株式会社 (大阪府)
受賞番号
18G020147
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

観賞魚を飼育するための様々な器具を使用しても、水槽内にはコード1つ入らない美観に優れた本格的な一体型水槽。従来の水槽にフィルターやヒーター等の飼育器具を使用すると、それらはどうしても目立ってしまうため、水中の景観を損ねてしまう。AQUA-Uでは水槽とろ過槽を底で繋げて循環させる特許構造により、ろ過槽で器具を使用すれば、水槽側でもその効果を十分に得ることができる。また、自然に近いろ過方式の底面フィルター、魚が飛び出す隙間の無いガラス蓋、自由な角度で使える植物の育つLEDライトがセットされているため、川や海をそのまま切り取ったかのような自然な景観を、誰でも簡単に再現することが出来る。

プロデューサー

田中 正史

ディレクター

塩野 俊二

デザイナー

加藤 周裕

加藤周裕

詳細情報

http://www.gex-fp.co.jp/fish/aqua_u/

発売
2018年3月20日
価格

19,800円

販売地域

日本国内向け

設置場所

観賞魚店、ペットショップ

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

様々な飼育器具を使用しながら水槽内にコード1本入らない、美観に優れたフルセット一体型水槽

背景

アクアリウムという趣味は、水と魚だけで始めることもできるが、そんな環境下ではすぐに水が汚れてしまうため長期飼育はできない。そのため、水槽の中に様々な飼育器具が入るのは当たり前で仕方がないという大前提があった。その上、近年では住宅事情により小型のインテリア水槽へのニーズが高まっている。本来は水の汚れやすい小型水槽こそ様々な器具を使うべきであるが、初心者ほど小型の水槽を購入し、後になって様々な器具が必要だと知ることになり、器具によって水槽内の美観が悪くなるのを我慢するか、器具を使わなかった結果生き物を殺してしまうか、といった悪循環が起こってしまっている状況である。しかも現在のアクアリウムで人気があるのは、魚だけを飼育するのではなく、水草をふんだんに使うような美しい生息環境の再現である。だからこそ、様々な器具を使いながらも、美しいレイアウトができる小型インテリア水槽の開発が急務だった。

デザイナーの想い

目指したのは『自然の水景をそのまま切りとってきた彫刻』。アクアリウムを趣味とする人の多くが、理想の水中景観を再現しようとする。そのためには様々な器具が必要になる。しかし、それらの人工的な器具は水槽の中ではどうしても不自然だし不格好なのだ。器具を使いたくない、だが使わざるを得ない、そんなジレンマがこの趣味には延々とついて回っていた。私自身がアクアリウムのマニアでもあるからこそ、このジレンマの解決方法をずっと研究し続けてきた。その結果、特許構造である『二つの水槽を底で繋げる』というシンプルだが今まで無い方法にたどり着いた。アクアリウムの業界は21世紀になってもほとんど変化が無い、従来技術から大きく変わることのない業界であったが、このAQUA-Uに関しては間違いなく今までになかったものであり、出来なかったことが出来るようになった水槽である。21世紀の水槽と呼ぶにふさわしいと信じている。

仕様

本体:幅325×奥行185×高さ260mm 水槽部分:幅180×奥行180×230mm 重量:3.5kg 材質:ガラス、PS、PP、ABS

どこで購入できるか、
どこで見られるか

観賞魚店、ペットショップ

審査委員の評価

必要な機能をコンパクトにまとめた観賞用水槽。従来の水槽は、必要な器具を追加するたびに煩雑な見栄えとなっていたが、濾過槽を別体として機能を集約し、水槽本体には鑑賞対象のみを入れるという新しい構造を提案している点がすばらしい。

担当審査委員| 鈴木 啓太   川上 典李子   根津 孝太   吉泉 聡   Patrakit Komolkiti  

ページトップへ