GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
特定原材料7品目不使用 米パン [米パン FAHAN]
事業主体名
第一屋製パン株式会社
分類
その他小物類
受賞企業
第一屋製パン株式会社 (東京都)
受賞番号
18G020125
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

食物アレルギーがある人もない人も食卓を共にできる米パンです。当社の発酵や焼成技術を駆使し、小麦パンのような焼き色と、パンとしてのふんわりもっちりした食感を追求しました。食物アレルギーの原因となる特定原材料7品目を使用せず、国産米粉100%使用、アレルギー対応食品でありながら、これまでになくおいしい米パンです。家族みんなで同じ物を食べられる喜びを提供します。また、これまでの流通力をいかし、日常的な選択肢になることを目指して、ホテルや機内食・学校・食料品店でも食せる(購入できる)環境を作りたい。国内のみならず世界で起きている食物アレルギーという社会問題の解決策となることを目指しています。

プロデューサー

第一屋製パン株式会社 商品本部 商品開発部 プロダクトデザイングループ

ディレクター

株式会社Crown Clown+Eatreat株式会社

デザイナー

第一屋製パン株式会社 商品本部 商品開発部 プロダクトデザイングループ+株式会社ツープラトン

詳細情報

http://fahan.jp/

2018年6月発売(食事パン 玄米)/2018年度内発売予定(おやつパン チョコ・抹茶)
2018年6月
価格

3,240円 (FAHAN通信販売サイト価格(fahan.jp)、食事パン18個入、税抜、送料別途)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ファミリーの誰もが いつものごはんのように安心して食べられる これまでになくおいしい米パン。

背景

国内における食物アレルギーの患者数が増加している。3歳児の16.7%がこれまでに食物アレルギーの症状および診断有りという調査結果が出ており、10年前に比べ約2倍増加している(東京都平成26年度調査)。また小中高生の割合も平成16年の2.6%から平成25年には4.5%と1.7倍増加(文部科学省平成25年度調査)、社会問題化している。給食や外出先で他人と同じメニューを食べることができず、当人達は疎外感を感じているのが実情である。それにも関わらず、食物アレルギー対応食品の選択肢はまだまだ少なく、味も満足できる物は少ない。その課題に対し、「米粉」と、弊社が培った「製パン技術」で、本人だけでなく、アレルギーのない家族や友達も、みんなが一緒に食べられる美味しい米パンを作ろうと開発に取り組んだ。さらに海外でもグルテンフリー対応食品の需要が高まっており、小麦の代用として米粉を使用したパンが求められている。

デザイナーの想い

「おいしくて誰もが安心できる米パンをパン食の日常的な選択肢にしたい。」という願いを込めて、原材料にこだわり、秋田県産玄米ピューレと新潟県産米粉を使用、また食べたくなる味と、しっとり、もっちりとした食感を追求し、香ばしさと米の甘みを引き立てた。食物アレルギーのある方でも安心してお召し上がりいただけるよう、特定原材料7品目の持ち込みを禁止した専用の工場で製造し、徹底した生産管理体制を敷いた。調理の手間を削減するため、また子どもでも扱えるように、冷凍保存、自然解凍約3時間で喫食できるように設計した。選択肢を増やし、食事を楽しんで欲しいという思いから、食事向けだけでなく、おやつ向け商品の開発を進めた。また、いつでもどこでも購入できるように通信販売と食品専門店で購入できる環境を整えた。国内のみならず世界で起きている食物アレルギーという社会問題をFAHANで解決したい。

仕様

①国産米粉100%使用 ②特定原材料7品目(※)不使用 ③自然解凍 約3時間で喫食可能 ※特定原材料7品目:卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに

どこで購入できるか、
どこで見られるか

FAHAN通信販売サイト、ペンギンシャトル馬込/荏原町店・多摩川駅前店
FAHAN通信販売サイト
ペンギンシャトル馬込/荏原町店・多摩川駅前店

審査委員の評価

食物アレルギーの現状を真摯に受けとめた大手製パン企業からの意欲的な提案として実に興味深い。食物アレルギーの人々も食卓を共にできることの重要性にも食品に関わる企業として向き合っており、味、触感、取り扱いのし易さの各々における研究の過程がうかがえる。学校給食のほか、グルテンフリー対応の食品需要が高まるなかでのホテルへの供給など、今後のしくみづくりも期待できる。

担当審査委員| 鈴木 啓太   川上 典李子   根津 孝太   吉泉 聡   Patrakit Komolkiti  

ページトップへ