GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドフォーカス賞 [技術・伝承デザイン]

受賞対象名
スポーツアイウェア [SWANS E-NOX NEURON]
事業主体名
山本光学株式会社
分類
スポーツ用品
受賞企業
山本光学株式会社 (大阪府)
受賞番号
18G020091
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

E-NOX NEURON(イーノックスニューロン)は、陸上競技に特化した、本当にパフォーマンスを高める事のできる「ギア」としてのアイウェアです。近年の若年陸上競技者の頭部サイズが非常にコンパクトになってきていることを発見・着目し、独自の頭部測定技術を用いて陸上専用の人頭モデルを開発。その人頭モデルを基に「アンダーテンプル」という下から持ち上がるような独特のテンプル(ツル)形状にすることで、走行時のブレやアイウェアのズレを極限まで抑える事に成功しました。

プロデューサー

山本光学株式会社 代表取締役社長 山本直之

ディレクター

山本光学株式会社 スポーツ第一事業部 鳥谷好孝

デザイナー

山本光学株式会社 商品企画部 スワンズクリエイティブセンター 北村圭三/技術開発部 DP開発課 浅田真孝

(左)設計者 (右)デザイナー

詳細情報

https://www.swans.co.jp/special/e-nox_neuron/

発売
2017年12月
価格

16,000 ~ 18,000円

販売地域

日本国内向け

設置場所

SWANS STORE各店・スポーツ専門店・スポーツ量販店

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

顔に「つける」のではなく、「纏う(まとう)」ように顔と一体化するパフォーマンスアイウェア。

背景

陸上競技に関わらず近年は若い世代の競技者が世界で活躍していることもあり、同世代やそれ以下の年代から本格的に競技をおこなう方が増加しています。また当社は毎年独自に競技者の頭部測定を行っていますが、数年前と比較しても頭部サイズがコンパクトで頭部形状にも変化がみられることが明らかになっています。そのため当社でコンパクトサイズと言われている製品でも、今後装着が困難な競技者が増加してくるのではないかという仮説を持ち、今までのアイウェアの設計思想に加えて、彼らのようなコンパクトな頭部形状にも最適にフィットするアイウェアの開発が必要であると考えました。開発には、頭部測定で得られたデータを基に新たに作られた陸上競技専用の人頭モデルを制作し、今までにないサイズ・フィット感のアイウェアを作ることに成功しました。

デザイナーの想い

当社の製品開発は、まずアスリートとのディスカッションからスタートし、一般ユーザーのヒアリングへと移行する流れがあります。しかしこのアイウェアはアスリートとのディスカッションのみという異例の流れで開発を行いました。もちろん企業としてはセールスという観点を忘れるわけにはいきませんが、我々には「世界を走るアスリートのパフォーマンスを高めることが出来るアイウェアを作りたい」という純粋な夢がありました。その夢は、非常に鋭く使用用途の限られる製品として形になりましたが、「このモデルがないと走れない」というアスリートの声に押され、通常の開発期間を大幅に超える時間を費やして開発を行いました。アイウェアはしばしば「どのアイウェアが自分に合っているかがわからない」と言われます。そういった方々に是非試していただきたいと思います。きっと「自分に合う」ということがどういう事かがご理解いただけると思います。

仕様

サイズ : 横幅137mm / 高さ44mm  重量 : 20g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

SWANS STORE各店、スポーツ専門店、スポーツ量販店など
SWANS STORE web
E-NOX NEURON商品説明ページ
プロジェクトストーリー「現場の声を製品へ 独自データ分析が叶えた極限のフィット感」

審査委員の評価

重心を抑えることでのフィット感や走行時のずれを極限まで防止する機構など、アイウェアのフレーム形状に関する既成概念を覆す、独自のアンダーテンプル形状が実現されている。精度の高さが不可欠なスポーツギアの世界においてアスリート向け製品を製造してきた企業の専門性が込められている点でも意義あるプロジェクトであり、レンズ設計とフレーム設計を一貫して行う企業の強みを活かした意欲的な提案に審査員の評価が集まった。

担当審査委員| 鈴木 啓太   川上 典李子   根津 孝太   吉泉 聡   Patrakit Komolkiti  

ページトップへ