GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2018

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウェアラブルメモ [wemo]
事業主体名
株式会社コスモテック
分類
業務用装身具
受賞企業
株式会社コスモテック (東京都)
kenma Inc. (東京都)
受賞番号
18G010069
受賞概要
2018年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「いつでも/どこでも、書ける/思い出せる」をコンセプトにした、腕に巻いて使用できるメモ「ウェアラブルメモ」です。ターゲットは、現場でメモを取り出せない環境にある看護師や救急隊員等の「現場最前線のワーカー」です。失念や記憶違いによる人的ミスを減らし、現場の生産性向上への貢献を目指しました。素材にシリコンを採用し独自のコーティングを施すことで、油性ボールペンで書け、消しゴムや指で消すことができ、何度でも使用できます。水に濡れても消えることがないので、装着したまま手洗いや水中での作業も可能です。上記のワーカー以外に、ADHD等の記憶が困難な方のサポートツールとしても役立つことができています。

プロデューサー

株式会社コスモテック 高見澤友伸、下山卓紀、林梅華

ディレクター

kenma Inc. 今井裕平

デザイナー

kenma Inc. 林雄三、木村美智子

詳細情報

http://www.wemo.tokyo

発売
2017年11月
価格

1,296円

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

背景

本製品は、看護師が直接手にメモしている場面から着想を得ています。美しい手が汚れることや衛生面/情報漏洩面のリスクだけでなく、「記憶」という行為が業務への集中を妨げていることが何よりも気がかりでした。 リサーチを進めると、医療以外の様々な現場(ex. 災害/救急現場、農業/水産業、製造/建設現場、公共交通/宅配ドライバー等)でも、メモに対する同様の課題を確認することができました。 この「見過ごされてきたニーズ」に応えることで、社会の生産性向上に貢献できると考え、「いつでも/どこでも 書ける/思い出せる」ことをコンセプトに、「現場最前線のワーカー」をターゲットにしたウェアラブルメモを開発するに至りました。

経緯とその成果

ウェアラブルメモ:現場ワーカーの「記憶」に対する課題解決 + それに伴う新たな製品カテゴリの創造

デザイナーの想い

●本製品のビジョンは「現場ワーカーの記憶に対するストレスをなくす」ことです。そのため、ウェアラブルメモを単一製品ではなく、製品カテゴリとして確立することを目指しています。●アイデア商品で終わらず、現場最前線で問題なく使用できるように、書く/消すの品質に拘りました。メーカーの本業である業務用フィルムや粘着シートの技術を活かし、書き心地を保ちながら消し跡が残らないコーティングを開発しました。●今後は課題特化型のバンドタイプや肌に直接貼るシールタイプ等の開発を進め、ウェアラブルメモのバリエーションを増やしていきたいです。

仕様

寸法:W45×H238×D8(mm)、重量:49.9 g、材質:シリコン

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Amazon、東急ハンズ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ
公式サイト
amazonショッピング
designboom

審査委員の評価

メモをするというシンプルな行為の中で、これまでにないアイテムを、とりわけ看護師や救急隊員の切実な現場ニーズかを汲み取りながら開発していった点は、審査員の高い評価を得た。

担当審査委員| 原田 祐馬   安東 陽子   濱田 芳治   宮沢 哲   Jung-Ya Hsieh  

ページトップへ