GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
工藝と庭を巡る人の輪づくり [工房からの風]
事業主体名
日本毛織株式会社
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
日本毛織株式会社 (大阪府)
受賞番号
17G161349
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

新人工藝作家の登竜門となる野外工藝展「工房からの風」の開催。開催会場で通年で行われる「手仕事の庭」運営。工藝と庭というものづくりを両輪とした活動を2001年から継続しています。プロの工藝作家として立てるようにディレクションを行い、作家同士の交流の機会を創出し、出展後も継続して応援する仕組みを作っています。作家が出展年度を超えて交流できるように、出展経験作家がオブザーバーとして展覧会の企画運営に参加したり(風人(かぜびと)制度)、地域にお住まいの方に庭作りをサポートいただいたり(庭人(にわびと)制度)することで、人の輪が重層的に育まれる場と仕組みを作っています。

プロデューサー

日本毛織株式会社 代表取締役社長 富田一弥/常務取締役 萩原修/執行役員 木村雅一/総務法務広報室長 國枝康雄+ニッケ・タウンパートナーズ株式会社 代表取締役社長 阪本正一/統括部長 清水泉

ディレクター

日本毛織株式会社 ニッケ鎮守の杜プロジェクト ディレクター 稲垣早苗

デザイナー

日本毛織株式会社 ニッケ鎮守の杜プロジェクト 稲垣早苗/宇佐美智子

詳細情報

http://www.kouboukaranokaze.jp/

第一回開催
2001年10月
販売地域

日本国内向け

設置場所

千葉県市川市鬼高1-1-1ニッケコルトンプラザ

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

庭を丹精する想いでデザインをしています。活動が時の重なりの中で人と場を育み、花や果実を結ぶように。

背景

近年「ものづくり作家」として世に出るハードルは低くなりながら「工藝作家」として仕事を深め、継続していくことは容易にはなっていません。その理由のひとつに徒弟制度が失われ、制作や発表活動について丁寧に教えてくれる師や兄弟子が不在となり、同世代の作り手同士のつながりの希薄さが考えられます。WebやSNSを通して情報収集は豊富になった中、それらを活用しながら、リアルな対面での交流が育まれる仕組みやデザインを目指しました。また、スクラップ&ビルドが多くなされる中、会場を昭和初期から続く神宮社を囲む緑の空間とし、庭環境の部材や植物からも経年変化の美しさが伝わるように願いました。

デザイナーの想い

新鮮な作り手たちは、時代の中で果実のように生まれてきます。作り出すかたちは必要な用途から生まれ、時代の感性が美しいと呼び寄せたものが使い手の心に響き、暮らしの中で息づいていくと考えます。この活動では、既に種をもった作り手、芽を出し始めた作り手、あるいは幾つかの花を咲かせ始めた作り手が、多くの使い手やつなぎ手との触れ合いを通して、より豊かな成長へと進化することを願っています。また、使い手にとっては、ひとりもしくは少人数で丁寧な工藝品を生み出そうとしている作り手と出会い、身近に知ることで、視野や発想が広がることを願います。工藝というもの作りと、庭という植物育成を巡って、人々がよき想いを持ち寄って成長し合える仕組みを作りたいと希望しています。

仕様

毛織物工場跡地に残った神社を囲む緑の空間を生かし、野外工藝展「工房からの風」を開催。公募による新人作家の登竜門として今秋15回目を迎え、来場者は昨年実績約2万人。工藝作家が世に出て継続して活躍する機会を作り、使い手、つなぎ手、作り手同士の出会いの場を創出。会場を「手仕事の庭」と名付け、地域の方々に庭作りと展覧会スタッフを担っていただき、重層的な人の輪を築く仕組みをデザインしている。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

千葉県市川市鬼高1-1-1ニッケコルトンプラザ
工房からの風

審査委員の評価

野外工芸展と庭造りの二つの活動でものづくりを通した交流の場を創り出している。工芸と庭を結びつけた点に新しさがある。徒弟制度が失われつつある現代において、工芸作家として仕事を継続させていくために工芸作家同士の新たな交流の機会を創出し、一方で、庭造りを通して地域の人々を巻き込んでおり、作り手と使い手の緩やかなつながりも創出していると言えよう。2001年から継続されている点も高く評価した。仕組みづくりの工夫とともに、ニッケ鎮守の杜という場があることが継続に繋がっているように思われる。

担当審査委員| 上田 壮一   伊藤 香織   岩佐 十良   並河 進   山崎 亮  

ページトップへ