GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
地域拠点としての新たな工務店のかたち [イロハーブ]
事業主体名
株式会社ネストハウス
分類
ビジネスモデル
受賞企業
株式会社ネストハウス (山口県)
受賞番号
17G151285
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

イロハーブは工務店敷地内にレストラン・インテリアショップ・イベントスペースなどを併設した複合商施設型の工務店です。通常、工務店は「家を建てる」という具体的な目的がない限り足を運ぶことはありませんが、地域と工務店の関係性を考えた場合、そのお付き合いは家を建てる時のみならず、時には何世代にわたるお付き合いになります。このように考えると工務店は「家を建てる時だけ行く場所」ではなく、「暮らしの一部として何となく行く場所」になることが必要なのではと考えました。イロハーブでは住宅を中心に暮らしのキーワードとして「医・食・住・遊・創」を導き出し、店舗やイベントを通して様々な「暮らしの一部」を提供しています。

プロデューサー

株式会社ネストハウス 代表取締役社長 石川 明

ディレクター

株式会社ネストハウス 常務取締役 石川 貴大

デザイナー

株式会社ネストハウス 常務取締役 石川 貴大

デザイナー 石川貴大(ネストハウス常務取締役)

詳細情報

http://www.iroherb.com

利用開始
2016年5月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

山口県岩国市由宇町3915番地

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「医・食・住・遊・創」を中心に、地域の拠点としての新たな工務店の姿を創る

背景

少子高齢化に伴い、将来の新築着工戸数は低迷するといわれており、工務店が将来的に会社を存続するためには何か新たな役割を見つけ出さなければならない状況にあります。また、既にたくさんのオーナー様もおり、企業を存続させなければオーナー様も守ることができません。こうした状況を踏まえて、「皆さまから必要とされる工務店像」を模索し始めたのが開発のキッカケです。 多少の違いはありますが、地方の工務店はほぼ同じような課題を抱えています。「地域における新たな工務店のかたち」としてイロハーブがよいケースモデルになれれば全国の工務店に「新たな工務店のあり方」を提案出来ます。また、地域の拠点となることによって、様々な地域に対しても「工務店が中心となる新たな地域のあり方」を提供できるのではないかと考えています。

デザイナーの想い

最も苦心したことは「地域に必要とされるコンテンツでありながら、ビジネスとして継続性が担保できること」です。地方でこのような事業を展開する場合、継続性が担保できていないとすぐに行き詰まってしまいます。そこで出た結論が、「暮らしの中でも少しだけ特別な時に使う場所」にすることです。レストランはランチのみの営業とし、価格帯も2,500円ほどに設定、空間・借景ともに落ち着きのあるものにすることで、少しだけ贅沢をしようと思った時に必要とされる場所にしました。また、工務店の営業時間内のみの営業とすることで、従業員へ過度な負担がかからない仕組みにしました。ピラティススタジオはインストラクターのアンテナスタジオとすることによって、広報拠点として活用いただけるようにしました。グリーンショップはイロハーブのランドスケープそのものをギャラリー化することによって、新たなビジネスに繋がるような仕組みにしました。

仕様

敷地面積:5,500.14㎡(1,663.79坪) 本社事務所:349.10㎡(105.60坪) インテリアショップ:144.08㎡(43.58坪) レストラン:119.02㎡(36.00坪) コミュニティスペース:96㎡(29.04坪) ヨガスタジオ:16㎡(4.84坪) グリーンショップ:20.50㎡(6.20坪) インフォメーション:20.12㎡(6.08坪) 構造:全棟木造在来軸組工法

どこで購入できるか、
どこで見られるか

山口県岩国市由宇町3915番地
iroherb 公式HP
ネストハウス 公式HP

審査委員の評価

工務店とは「家を建てる時にいく場所」という常識を自らが覆し、地域を繋ぐ存在として活動している点がユニークである。人が繋がれば住みやすくなり、地域にレジリエンスが生まれる。そんなヴィジョンを掲げ、地域に根ざした工務店が本気で取り組んでいる点を評価した。またこういった公共性の高い取り組みを継続するために、事業としての収益性も意識して、活動を組み立てている点も重要だ。住みやすい街を作るのは、「誰か」がやってくれるのではなく「自分がやれる」ことなのだと教えてくれる好例である。

担当審査委員| 廣田 尚子   青山 和浩   小林 茂   ナカムラ ケンタ   林 千晶  

ページトップへ