GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
工場建設トータルサービスブランド [脱3K工場建設ファクトリア]
事業主体名
株式会社タカヤ
分類
産業向けの意識改善/マネジメント方法
受賞企業
株式会社タカヤ (岩手県)
受賞番号
17G151284
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

【ファクトリア】はデザイン・コスト・機能のバランスがとれた快適な作業環境の実現と、工場建設のブランディングを行う「工場建設のトータルサービスブランド」です。私たちは作業ができればそれでいい、という箱のような工場は建設しません。設備や動線といったハード面だけでなく、明るくオシャレな社員食堂、かっこいいユニフォームといったスタッフのモチベーションアップまで提案をします。従来の工場のイメージである3K(キツイ・汚い・危険)を脱却し、3C(Cool・Comfortable・Communication)の工場を建設することで「業績のあがる工場」をつくるのがわたしたちの使命です。

プロデューサー

株式会社タカヤ ファクトリアチーム コーポレートプランニング室

ディレクター

株式会社タカヤ ファクトリアチーム コーポレートプランニング室

デザイナー

株式会社タカヤ ファクトリアチーム コーポレートプランニング室

インテリアコーディネーターのスタッフ

詳細情報

http://factoria.jp/

発売
2015年6月1日
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

インテリアコーディネーターによる内装デザイン、デザイナーによるパッケージデザイン、ブランディング。

背景

もともと工場の設計・施工を得意としていた私たち。2011年東日本大震災以降、被災した沿岸地域に工場を建設するご縁が増えました。お施主様と話をすると、皆さん口を揃えて同じことを言いました。「人集めにとにかく苦戦している。いくら工場を作っても人が集まらなければ意味がない。人員が確保されなければ補助金の申請も通らないかもしれない。」と。そこで私たちは「ただ工場を建てるだけではいけない!チームにインテリアコーディネーターやグラフィックデザイナー、ブランディングに従事するスタッフがいる私たちだからこそできる提案をプラスしよう!」と決意。おしゃれな空間やパッケージデザイン、企業・商品ブランディングでスタッフが毎日快適に楽しく働き、雇用が生まれる「人集めに効く工場」を作ろうと始めたのが「工場建設トータルサービスのファクトリア」です。

デザイナーの想い

社内にインテリアコーディネーター、グラフィックデザイナー、ブランディングコンサルタントを持つ私たち。デザイナーとしてお施主様の悩みを解決したいと強く思っています。例えば、沿岸地域に建つ水産加工工場ではきめ細かい手作業が出来る地元の女性が生産ラインに入ることが多いです。その場合は、女性スタッフが寛げるカフェ風の休憩室や綺麗なパウダールームなどを提案。また、製品パッケージのデザインをおしゃれなものに変えることで売れる仕様にするだけでなく、スタッフの製品を作るモチベーションも上がり、自社商品を知り合いに自慢したくなります。他、スタッフが着用するユニフォームをかっこいいものにしモチベーションアップに繋げ、他社との差別化で採用に勝つなど、デザインによって日々の業務に楽しさや喜び・やりがいが生まれたら嬉しいです。

仕様

【3C(Cool・Comfortable・Communication)な工場を提案します】 ①設計・施工 ②インテリアコーディネート ③販促ツール、作業着のデザイン ④ブランディング を行います。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社大森
公式ホームページ
Facebook

審査委員の評価

ブランディング発想で建築、家具、衣服、グラフィックといった分野をまたいでトータルなデザインは時代に即した手法であるが、機能や特性が異なる多くのアイテムを、強いイメージが打ち出せるようにまとめ上げるには、デザインとディレクションともに高い技量を必要とする。これまでデザインが介入していない工場において環境全体を見直して問題を洗い出し、働きたいと思えるレベルまで、環境づくりの実現に成功している点を評価した。

担当審査委員| 廣田 尚子   青山 和浩   小林 茂   ナカムラ ケンタ   林 千晶  

ページトップへ