GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
投資信託 [朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)]
事業主体名
朝日ライフ アセットマネジメント株式会社
分類
ビジネスモデル
受賞企業
朝日ライフ アセットマネジメント 株式会社 (東京都)
受賞番号
17G151277
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「SRI投資(社会的責任投資)」とは、社会が時流と共に変化しながら求める企業への期待を、広く投資行動に反映させた投資であり、今日のESG投資(企業への期待を環境、社会、企業統治に集約・投資)の原点となる手法です。「朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)」は、日本で先駆的に「SRI投資」に着目し、ビジネスを通じて社会に貢献する国内上場企業の株式に投資し、中長期的に企業と共に成長する投資信託です。また、収益の一部を社会的課題に取組む団体に毎年寄付し、多角的な社会貢献を果たし、投資信託商品を通じたより良き社会創造を目指しています。

プロデューサー

朝日ライフ アセットマネジメント 株式会社

ディレクター

朝日ライフ アセットマネジメント 株式会社

デザイナー

朝日ライフ アセットマネジメント 株式会社

詳細情報

http://www.alamco.co.jp/fund/sri/index.html

発売
2000年9月28日
価格

13,494円 (2017/8/31時点、1万口当たり基準価額。なお、購入可能な口数等の販売条件は販売会社毎に異なることから非公開でお願いします。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「SRI投資」の先駆的ファンドとして多角的に社会貢献を図りつつ、長期・良好な運用成果を実現しています

背景

日本社会は急速に高齢化が進行しており、社会保障のみならず個人の長期資産形成が極めて重要ですが、長期的成果を投資家に還元する仕組みの投資信託は、超低金利下での資産形成に有用な金融商品と考えています。 こうした背景の下、社会や企業と共に成長することで長期資産形成を実現しつつ、寄付を通じたより良い社会創造を促す投資信託商品をプロデユースするというコンセプトで本デザインが生まれました。 なお、投資家とコンセプトに対する認識を十分に共有したいという視点からも、信託報酬の一部を毎年社会的課題に取り組む団体に寄付するという行動を「交付目論見書」(金融商品取引法に基づく説明資料)に明記。寄付先選定委員会を通じた寄付実態の開示を継続する等でコンセプトの理解促進と設定来一貫した長期投資の実現を目指しています。

デザイナーの想い

多くの投資家は、投資信託を購入するとき「儲かるか」「否か」まずそう考えます。しかしながら企業収益は上げているものの、残念ながら企業倫理等に課題を残す会社もあります。投資信託を通じ、社会に必要とされ、社会の課題に真正面から取り組んでいる会社に投資し、共に成長したい。社会全体を良くしながら収益を長期的に投資家に還元したい。「朝日ライフ SRI 社会貢献ファンド(愛称:あすのはね)」はこうした社会的責任投資(SRI)に徹底して取り組んでいます。 自分たちの社会をより良くしたい。このような考え方を一にする不特定多数の投資家から集めた資金を運用し、投資行動とエンゲージメント(企業価値向上のための投資家としての企業との意見交換)を通じ、社会の課題に本気で取組む会社を支える。それが当ファンド運用の原点です。

仕様

無形

どこで購入できるか、
どこで見られるか

2017/8/31現在、販売会社(金融商品取引業者、登録金融機関)26社。

審査委員の評価

投資が健全に企業を支援し、社会全体に寄与するものになるには、中長期的に考えられるデザインが必要とされている。当事業はSRI投資、つまり社会的責任投資を掲げ、社会課題解決に事業で解決しようと取り組んでいる会社を選定し、信託報酬の一部を社会的課題に取組む団体に寄付している。さらに中長期的な投資を集めるために、投資家の善意に委ねることなく、さらに自然と投資が集まる形にデザインできると素晴らしい。

担当審査委員| 廣田 尚子   青山 和浩   小林 茂   ナカムラ ケンタ   林 千晶  

ページトップへ