GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
温室内環境モニタリングサービス [プランテクト]
事業主体名
ボッシュ株式会社
分類
業務用ソフトウェア・サービス・システム/業務用機器インターフェイス
受賞企業
ボッシュ株式会社 (東京都)
受賞番号
17G151269
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Plantectは、主に中小規模農家向けの温室内環境モニタリングIoTサービスです。ハウス栽培に適切な環境モニタリングに加えて、病害感染リスクを予測(業界初)し視覚化することで、生産性向上や健康な作物の栽培を支援します。 小型の通信機と、電池駆動型無線センサーによるコンパクトで柔軟な設置が可能です。ハードウエアは、センサー周辺に効果的な気流を発生させるラメラ構造の温湿度センサーを核に、オーガニックで未来的なスタイリングに統一。専用アプリケーションは、分かりやすいシンプル画面と、多様な栽培方法にも対応できる柔軟なナビゲーションを装備し、導入しやすく長期間の使えるシステムを実現しました。

ディレクター

ボッシュ株式会社 RBJP/PJ-FJS 山本雅康

デザイナー

(ハードウエア)TEAMS DESIGN Vincent Hasenmayer、Kay Zass+(アプリUI)読売広告社 内田 光紀+FOURDIGIT DESIGN Inc. 矢部 一樹、渡部 聡

詳細情報

http://www.bosch.co.jp/plantect

受注受付開始(9月順次出荷開始)
2017年6月8日
価格

4,980円 (月額費用:基本プラン 4,980円、病害予測機能(オプション) 3,350円)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

農業用機器の新しい体験を実現する形。実用的なシンプルさ。

背景

大型農家、農業生産法人での技術導入に比べて、農家の大部分を占める中小規模農家での新技術の導入が遅れています。センサー技術とIoT技術をベースに、農家のニーズをより理解することで、施設園芸農家に向けた問題解決にチャレンジしました。 中小規模農家の環境モニタリングの導入に際して、費用面以外に、設置の手間、従来とは異なる栽培方法への切替え、導入効果に対する不安感などが妨げになっていることが理解できてきました。これらの課題解決と共に、目に見えない病害感染をビッグデータとAI技術の活用により、高い精度で予測することを可能にし、環境モニタリングの具体的なメリットを実現しました。

デザイナーの想い

私たちが農業分野に新らたに参入するにあたって、無機的・装置的な印象になりがちな農業用機器に、新技術で実現できる新しい形を提案します。短期間のサイクルによる技術開発と農家との継続的な対話から、機能性はもちろん、高いユーザビリティや情緒性を併せ持つシステムの実現を目指しました。農業に新しい技術導入する期待感を表現した機器のスタイリングと、使い初めから日々使用する中で悦びを体験できるインタラクションを実現しました。

仕様

センサー(電池駆動・無線) 温度・湿度センサー:φ110×138 mm(吊下げ用ハンドルを除く) CO2センサー:φ110×138 mm(吊下げ用ハンドルを除く) 日照センサー:φ100×100 mm 通信機:125×80×48 mm(アンテナ、端子部を除く) 専用アプリケーション:ウェブアプリケーション

どこで購入できるか、
どこで見られるか

展示:Café 1886 at Bosch(東京都渋谷区)、購入:販売パートナー様
Plantect (TM) (プランテクト)(『ボッシュ・イン・ジャパン』内)

審査委員の評価

“松かさ”をイメージしたオーガニックなスタイリングは、大変に興味を引く形であり、秀逸である。形ではなく、センサー周辺に効果的な気流を発生させる機能を持つ。コンパクトに纏められたハードだけでなく、ソフト面での充実した機能は素晴らしい。農家の要望に応えた病害感染リスクの表示、予測を実現したことは、農業の未来を議論する上でのエポックメーキングな製品となることと思われ、期待したい。

担当審査委員| 廣田 尚子   青山 和浩   小林 茂   ナカムラ ケンタ   林 千晶  

ページトップへ