GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン特別賞[未来づくり]

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
障がい者雇用制度 [ショートタイムワーク制度]
事業主体名
ソフトバンク株式会社
分類
産業向けの意識改善/マネジメント方法
受賞企業
ソフトバンク株式会社 (東京都)
受賞番号
17G151260
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

業務の遂行に支障がなくても、発達障がいや精神障がいなどの理由により、長時間働くことが難しく、就労機会を得ることができない障がいのある方を対象とした、短時間でも働くことができる場を提供する制度。彼らの社会進出をサポートし、会社全体の生産性の向上を目指す。

プロデューサー

池田 昌人

ディレクター

齊藤 剛、木村 幸絵、田中 宏明、横溝 知美

詳細情報

http://www.softbank.jp/corp/csr/various_needs/instance_01/#sec-06

利用開始
2016年5月23日
設置場所

東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

障がいにより長時間勤務が困難な方が週20時間未満で就業できる「ショートタイムワーク制度」

背景

ソフトバンク株式会社では、2009年からICTを活用し障がいのある子どもの教育や生活を支援する「魔法のプロジェクト」を東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野と共に取り組んできた。このプロジェクトは、携帯情報端末を無償で貸し出し、学習や日常生活の場で活用することで、障がいのある子どもの能力を発揮できる環境作りを行い、社会参加の機会促進を目指している。障がいのある子どもたちが成長した後、社会参加の一つである「就労」につなげる為、本制度の企画を立ち上げた。障害者雇用率制度では、週20時間未満しか働くことができない障がいのある方は、算定基準の対象に該当せず、雇用が進まない社会的背景がある。私たちは彼らの社会参加を後押しし、短時間でも自身の能力を発揮できる新しい働き方の一つとなるよう制度を整えることで、一人ひとりが活躍できる社会づくりを目指す。

デザイナーの想い

「誰もが参加できる社会」を目指し、自社だけでこの取り組みを終わらせることなく、今後、多くの企業がショートタイムワーク制度を導入することを目標にしている。そのため、ソフトバンク株式会社ではただ制度を推進するだけでなく、取り組みの中で得られたノウハウをまとめ、「ショートタイムワーク制度 導入ガイド」を作成し公開。ガイドにはショートタイムワーク制度の土台となる考え方や、導入するために必要な体制、障がいのある方を受け入れる上での心構えなども収録。また、企業に導入いただくために、制度の概要や利用方法をより理解してもらうべく、説明会なども開催。企業がショートタイムワーク制度の導入を進めていただきやすくなるような取り組みを行っていく。

仕様

ソフトバンク株式会社と東京大学先端科学技術研究センター 人間支援工学分野は、労働環境の管理・調整、職場での配慮に関する合意形成など、障がいにより長時間勤務が困難な方が、企業などで働くために必要な環境整備を共同で研究に取り組んでいる。「ショートタイムワーク制度」はその一環として導入する、障がいにより長時間勤務が困難な方が週20時間未満で就業可能な雇用制度。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ソフトバンク公式ホームページ
ソフトバンク公式ホームページ
ショートタイムワーク制度導入ガイド
障がいがある人の「働きたい」を実現する新しい雇用制度とは / ソフトバンクニュース

審査委員の評価

会社の中にある業務を捉えなおし、切りだしやすい業務を特定することで、本来、コンフリクトが起こりやすい「障がい者の安定雇用」と「会社にとっての効率化」を両立するフローを確立している点を評価したい。そもそも、人は一人ずつ異なっている。身体能力だけでなく、行動特性や働くモチベーションなど、それぞれ異なる能力をもつ人間によって会社も社会も成り立っている。障がい者と健常者の間だけに、明確な線が引かれるわけではない。そのため、障がい者に優しい雇用制度を作ることは、ひいては誰にでも優しい職場を作ることに他ならない。まだ限定的なこの取り組みが、今後ますます広がることを期待している。

担当審査委員| 廣田 尚子   青山 和浩   小林 茂   ナカムラ ケンタ   林 千晶  

ページトップへ