GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
レビューツール [Brushup]
事業主体名
株式会社Brushup
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
株式会社Brushup (大阪府)
受賞番号
17G141226
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

Brushup(ブラッシュアップ)は、静止画・動画・Officeドキュメントなどに対して、インターネット上でフィードバックできるレビューサービスです。イラストや動画などのコンテンツ制作に関わる企業に多く導入されています。Brushupのレビュー機能は、静止画だけではなく動画にも手書きでフィードバックできます。また、Photoshopなどのデザインデータをアップロードするだけで、プレビュー画像を生成。だれでも専門的なソフトウェアなしにデザインデータを確認できます。コメントのやりとりやレビュー、データはタイムラインに残るため、変更や修正の経緯をかんたんに振り返ることができます。

プロデューサー

水谷好孝

ディレクター

下田祥嗣

デザイナー

長野真行

詳細情報

https://www.brushup.net/

利用開始
2015年3月26日
価格

0 ~ 50,000円

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ビジネスの生産性向上、人の成長に貢献するレビューツール

背景

Brushupは、ディレクターとデザイナーとのやりとりを効率化する制作管理サービスとして開発されました。例えば、ゲームでは膨大な量のイラスト制作を、多数のイラストレーターに依頼します。ディレクターは、イラストレーターとメールでやり取りし、オンラインストレージからデータをダウンロードし、Photoshopでデータを開いて指示書きし、そのデータをオンラインストレージにアップロードし、進捗をExcelに記入し、、、と煩雑な手順で制作管理をしていました。Brushupでは、コンテンツ制作に必要な機能を一つにまとめることで、それまでの煩雑だった業務プロセスを改善。データの紛失や認識違いなどのミスを軽減し、導入以前より制作管理にかかるコストを圧倒的に削減しました。その後、動画レビュー機能の追加やさまざまな改善を加え、幅広い分野で使えるレビューサービスとして成長しました。

デザイナーの想い

レビューという文化を作り、ビジネスの生産性向上、人の成長に貢献したいと考えています。【創意工夫】 制作以外で必要な機能を一つにまとめ、細かい手間を省くことで、本当に必要な業務に集中できることを意識しました。Photoshopなどのデザインデータをアップロードしたら、自動的にプレビュー画像を生成。デザイナーが画像データに書き出す手間をなくしました。ディレクターは生成されたプレビュー画像の一覧を見ることで、進捗状況をひと目で把握できます。修正が必要な場合は、静止画でも動画でも専門的なソフトウェアなしにBrushup上で手描きでレビュー。ユーザー同士のやりとりやデータはタイムラインに残るため、変更や修正の経緯もスクロールだけで振り返れます。また、クライアント先へ行くことの多いディレクターでも、すぐに進捗状況を確認できるように、スマートフォンアプリも提供しています。

仕様

【PC】Internet Explorer ( Windows )、Mozilla Firefox ( Windows / MacOSX )、Google Chrome ( Windows / MacOSX )、Safari ( MacOSX )の最新版に対応【iPhone】iOS10以上

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Brushup公式ウェブサイト
App Store

審査委員の評価

制作会社毎に個別最適化されていたデザインのレビュープロセスを標準化しようという試みは、高く評価できる。一般的に、B2Bのソフトゥエアは使いやすさや外観が二の次になることが多いが、このサービスは機能と使い勝手、美観においてしっかりとバランスがとれている。様々なメディアやツールをサポートし、実務に耐えうる設計とデザインになっている点が評価された。

担当審査委員| 岡本 誠   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   深津 貴之   藤崎 圭一郎  

ページトップへ