GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
まなびのマーケット [ストアカ]
事業主体名
ストリートアカデミー株式会社
分類
ソーシャルプラットフォーム
受賞企業
ストリートアカデミー株式会社 (東京都)
受賞番号
17G141224
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「ストアカ」は”教えたい人”と”学びたい人”をウェブ上でマッチングする、日本最大級のまなびのマーケットです。日本全国で登録会員14万人以上、掲載講座1万4千件以上。エクセル、ポーセラーツからバック転まで、スキルを教えたい個人が気軽に単発の教室やワークショップを開催し、学びたい個人が自由に参加することが出来ます。ウェブ上ではマッチングのみ、学び自体の提供はリアルに集まり対面で行われ、つながりや刺激が生まれることで、地域での交流の場を増やすことにも貢献。スキルのシェアリングエコノミーを通じて社会人の学びの選択肢を増やし、社会に「自由に生きる人を増やす」ことを目指しています。

ディレクター

ストリートアカデミー株式会社 代表取締役 藤本 崇

デザイナー

ストリートアカデミー株式会社 リードデザイナー リー・コーリー

Corey Lee

詳細情報

https://www.street-academy.com/

利用開始
2012年8月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

まなびを通じて「新しい自分に出会おう」ーあなたの自分磨きを応援するサービスを目指しますー

背景

代表の藤本が20代の頃に、企業で働きながら平日夜や週末に映画や料理の専門学校に通い、やりたいことを模索していた時期がありました。当時は学費が100万円以上かかる長期通学を前提とした本格的な学校やスクールしかなく、そこにお金を使う自分を諌めてくる人が周りに多くいました。その時藤本は「もし3千円で学べるのだったら、彼らだって新しいことに挑戦してみるんじゃないか」と思ったのです。10年後藤本がウェブサービスで起業を決意したとき、個人が持っている「まずはやってみたい」「ピンポイントで学んでみたい」ニーズを、各々が持っているスキルや経験を教える教育のシェアリングエコノミーを作ることで解決する事業構想を思いつきます。誰もが講師になれることで、あらゆるスキルが学べる選択肢が増え、新しいことを始める敷居を下げることが、やりたいことに従事する人を増やすのでは、という仮説を元にサービスを開始しました。

デザイナーの想い

サービス開始から3年間は、先生が使い易いと感じるために機能改善を繰り返し、質の高い先生と講座が自然と集まり、学びの選択肢を増やすことに注力しました。しかし、そもそも自分が何に興味があるのか分からない人は学びの選択肢があっても選べないことに気づき、社会人が自発的に学びたくなるサービスを目指して2017年1月「新しい自分に出会いに行こう」を新コンセプトとするブランドリニューアルを行いました。サイトデザインにもFUNやCREATIVEといった要素を盛り込み、教え学んだことで人生が変わった人たちの経験談を「学びのインスピレーション」として掲載。さらに自分の学びの進捗を見える化し、次の学びへのモチベーションへとつなげるために、認定ディプロマの発行も開始。「学びのインスピレーション」と「学び続けるモチベーション」が揃うことで、気軽に学ぶ人が増え、日本中に楽しい学びが広がると信じています。

仕様

PC版動作環境は、Microsoft Internet Explorer9.x、11.0以降、Google Chrome最新版 、Mozilla Firefox最新版、Apple Safari最新版。スマートフォン版動作環境は、各OSで標準搭載されているブラウザ、Google Chrome。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

AppStore、Google Play
日本最大級のまなびのマーケット「ストアカ」
日本最大級のまなびのマーケット「ストアカ」(映像)
まなびを楽しく!「まなぶーん」(自社メディア)

審査委員の評価

生涯にわたり学び続けることが求められる時代において、地域の人的資源を共有し、双方向かつ多様な学びを実現する本サービスは、これからの新しい学びの在り方を提示していると考える。登録会員数、掲載講座数、これまでの実績を高く評価した。対面での学び提供の形態としては唯一の存在とのことで、今後の継続的な発展に期待します。

担当審査委員| 岡本 誠   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   深津 貴之   藤崎 圭一郎  

ページトップへ