GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
じぶん銀行アプリ [じぶん銀行スマートフォンアプリ]
事業主体名
株式会社じぶん銀行
分類
ソフトウェア・サービス・システム/インターフェイス
受賞企業
株式会社じぶん銀行 (東京都)
受賞番号
17G141213
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

お金の流れを可視化するタイムライン。預金や入出金などをビジュアライズするサマリーといったモダンなUI。スマホのみで全国のセブンイレブンのATMから入出金できるスマホATMといった先進的なサービス。それらを通して実現するのはお金の自分ごと化。タイムラインでは、通帳のような金額の出入りだけでなく、お金の貸し借りの相手とのコミュニケーションが加わったり、給料日に一言コメントが添えてあったり。お金の流れを日陰のものにするのではなく、主役に持ってくることで生まれる新たな体験をデザインした。

プロデューサー

meet & meet 小川晋作+株式会社 電通 生嶋友樹

ディレクター

株式会社スピードグラフィックス スズキスムース+株式会社 電通 松浦夏樹+ノースショア株式会社 細川勝+株式会社フォーデジットデザイン 稲井祐太郎

デザイナー

株式会社スピードグラフィックス スズキスムース、佐怒賀万里子+5&UP Inc. 岡村浩志

利用開始
2016年6月20日
価格

0円 (無料アプリのため)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

タイムライン、サマリー、導入やチュートリアルも、ユーザーが馴染みやすく、柔らかい印象にしました。

背景

スマホの浸透を背景に様々なサービスがスマホファーストに進化。金融の分野でも海外では完全アプリ専業のネット銀行や、UI/UXに注力した新世代系の銀行が登場しており、日本においてもネットバンキングの競争はますます激化している。そんな中じぶん銀行は、2008年の設立当時から、モバイルをメインチャネルとした独自の銀行サービスを展開、スマホの登場にともない「じぶん銀行アプリ」を他社に先駆けて展開してきた。このたびそのサービスをさらに進化させるべく、UI/UXのフルリニューアルおよび、先進的なサービスの導入に踏み切った。

デザイナーの想い

銀行の窓口やATMは「みんな」で使うものですが、スマホアプリは確実に自分のもの。まさに「じぶん銀行」。アプリそのものを「自分のもの」「自分ごと」に、どんどん寄せていきたいと考えました。お金を軸に、ライフスタイルや時間の流れ、いろいろな出来事といったものが日々、朝から晩までの自分の「タイムライン」に差し込まれてくる。今後は、生活のなかにもっと入りこんでいきたい。どんどん進化させていきたいと考えています。お買い物アプリやニュースアプリを使い始めるのと同じような気楽さで、楽しみながら使えて、立ち上げて使うのにストレス無く、気持ちよく反応がある。お金のことというのはとかく事務的で、堅苦しくなりがちなものですが、もっと前向きに気持ちよく付き合えるはず。「タイムライン」や「サマリー」はもちろん、アプリの導入やチュートリアルも、ユーザーが馴染みやすく、柔らかい印象が特徴的です。

仕様

iPhoneアプリ、Androidアプリ

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ランディングページ

審査委員の評価

ゴチャゴチャしたプロダクトの多い銀行系のアプリ・ソフトウェアにおいて、ここまで機能や要件を整理して再構築したことは素晴らしい。また単なる銀行アプリにとどまらない、実験的な施策が盛り込まれている点も興味深い。一方でいくつか課題は残るため、今後の改善を期待したい。

担当審査委員| 岡本 誠   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   深津 貴之   藤崎 圭一郎  

ページトップへ