GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
革を「素材」×「仕上げ」で選べる仕組み [100 BASIC / 100 BASIC BOOK]
事業主体名
株式会社山陽
分類
宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業
株式会社山陽 (兵庫県)
受賞番号
17G131171
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

『100 BASIC / 100 BASIC BOOK』は、ものづくりに興味を持つ人が、専門知識がなくてもヌメ革の違いを理解し、簡単に購入できる仕組みを目指して、創業106年の歴史を誇る姫路市のタンナー 山陽が提供する革見本帳、Web、及びインスタレーションです。「素材」を横軸、「仕上げ」を縦軸に配し、100種のヌメ革がグラデーションになるよう配置。Web(日英表記、PC・スマホ版)では、実物大に近い写真が見られます。老舗企業とクリエイターが連携し、「MAKER’S LEATHER.」という未来ブランディングの下で事業をデザイン。国内外の新たな繋がりから、新たなものづくりを生み出します。

プロデューサー

宮内賢治、川見航太、内島来

ディレクター

宮内賢治、川見航太、 内島来、小俣卓充、高橋真希

デザイナー

宮内賢治、塩田和也、柳澤友己、川見航太

宮内賢治

詳細情報

http://sanyotan.co.jp/

利用開始
2017年4月1日
価格

800円 (税込み・配送手数料込み)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

Webサービス、Webでの販売、展示会での販売

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

お気に入りの革を見つけやすい、現代的な「素材」×「仕上げ」のマトリックス・デザイン。

背景

インターネットの到来によって、ものづくりは民主化しています。無料で作れる個人ECサイトや、メルカリなどのフリーマーケットアプリの登場によって、市場は開かれたものになりました。さらに、高齢化が進むこの日本社会は、新たな生きがいや人生の広がりを模索する時代に突入します。革は、布や紙などと比べてものづくりの初心者にとってのハードルがある素材ですが、オリジナリティがあれば、高付加価値化も可能。しかし、現状では革のセレクションに触れられる場は少なく、インターネットにおいても体系的な整理がなされていません。山陽は、その状況を変えるため、まずはベーシックなヌメ革の豊かなバリエーションに触れ、手軽に手にできる環境を創りたいと考えました。

デザイナーの想い

105周年を迎えた山陽のリブランディングを手がけるに当たり、経営層や社員の言葉を伺い、1万坪の工場の働き手を写真に収めながら、未来に向けたスローガン「MAKER’S LEATHER. つくる人の革を、つくる。」を策定。その全てが、これからの時代に向けて進む喜びになりました。日本の革のものづくりは、まさにここから。インターネットを介して世界とつながり、より豊かなものづくりの形を生み出すものだと確信しています。これからもその実現のために、新たなプロジェクトを生み出していきます。

仕様

革を「素材」×「仕上げ」の組み合わせで選択・購入できるWebサイト(日英表記) / 「素材」×「仕上げ」の組み合わせで選べる革見本帳 / 東京レザーフェアなど国際的な革見本市における展示

どこで購入できるか、
どこで見られるか

100 BASIC
100 BASIC BOOK

審査委員の評価

ひと目見てその機能性が伝わり、クリエイティビティを刺戟するウェブサイトのデザイン。そこで興味を持った人は実物の見本帖も購入できるしくみ。100の皮革素材が並ぶその見本帖の様子はまるで化粧品の色見本のように美しい。BtoBの取引が主だった同社が、個人事業主や革を扱うクリエイターへ新たな門戸を開いていくブランディングとして評価された。

担当審査委員| 齋藤 精一   内田 まほろ   鹿野 護   木住野 彰悟   水口 克夫   Aaron Nieh  

ページトップへ