GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン特別賞[ものづくり]

受賞対象名
チョコレートブランド [Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)]
事業主体名
株式会社Bace
分類
食品、パッケージ
受賞企業
株式会社Bace (東京都)
受賞番号
17G131162
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ミニマルは世界の産地を訪れカカオ豆を厳選し、独自製法でカカオから香りを最大限引き出すチョコレートを手作りしています。カカオによってチョコレートの風味は驚くほどに異なります。 私達のミッションは「チョコレートを新しくする」です。お菓子や高級品のチョコレートではなく、目指すのはコーヒーやワインのような嗜好品の世界です。 そのために3つのプロジェクトに取り組んでいます。「1.カカオ農家との関係を新しくする」「2.チョコレートの製法と風味を新しくする」「3.チョコレートの楽しみ方を新しくする」 食品としてのデザイン性に加え、3点のこだわりとお客様とのコミュニケーションを意図して商品をデザインしました。

プロデューサー

株式会社Bace 代表取締役 山下貴嗣

ディレクター

株式会社Bace 取締役 田淵康佑

デザイナー

株式会社ブラック・バス 代表取締役 佐伯宗俊

詳細情報

http://mini-mal.tokyo/

発売
2014年12月1日
価格

1,000 ~ 1,400円 (カカオの仕入れ価格により変動)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

Minimal各店・オンラインショップ・卸先店舗など

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

豊かな新しいチョコレートの価値に気付いてもらう、きっかけに溢れたデザイン

背景

チョコレートの原材料であるカカオは実は非常に多様で個性に富みます。良質なカカオから丁寧に作ると驚くほどフルーツやスパイスの香りのするチョコレートがつくれます。このチョコレートには世の中を少し良くする2つの価値があります。1つはカカオ農家の生活です。今まで議論されなかった質の評価により農家が誇りを持ち生産を行い、収入面でもスター農家が生まれるシステムがつくられていきます。2つめは食の豊かさです。素材を嗜むコーヒーやワインなどの嗜好品は生活を豊かにする力をもちます。チョコレートも実は産地や品種による違いを楽しむ嗜好品です。国内市場5000億円と広く親しまれているチョコレートの世界で、この2つの新しい価値の提供により変化を生むことは世の中を少しずつ良くしていく力と意義があると考えています。

デザイナーの想い

食べながら自然と、「チョコレートを新しくする」3つのプロジェクトに興味を持って頂くきっかけをデザインしました。 「1.カカオ農家との関係を新しくする」カカオは果実で農家の努力であることに気付くきっかけとして、パッケージのカードに産地・農園・カカオ情報を記載。カカオの個性の多様性に気付くきっかけとして、カードはカラフルな多色を用いました。 「2.チョコレートの製法と風味を新しくする」製法による風味の違いに気付くきっかけとして、パッケージのカードにレシピを記載。風味維持のためチャック付き密封袋を採用。風味を感じやすいようにチョコレートの型は一口4g前後に割れやすいグリッドを入れました。 「3.チョコレートの楽しみ方を新しくする」新しい楽しみ方を気付くきっかけとして、ザクザクしたカカオの食感を残し新体験を提供。気分やシーンに応じ、自由に楽しめるようにチョコレートの型をランダムにデザインしました。

仕様

【板チョコレート】W70mm*H141mm・50g【パッケージ】W110mm*H200mm【ラインナップ】カカオの仕入れ状況により数・産地は変動

どこで購入できるか、
どこで見られるか

Minimal 富ヶ谷本店・銀座店・白金高輪店・東武池袋店・オンラインショップ、全国の卸先店舗様
Minimal ホームページ
Mnimal オンラインショップ
Fragments インビュー記事 2016.9.24

審査委員の評価

この商品には、パッケージデザインだけでは語りきれない素晴らしい背景がある。カカオ農家との関係性の改善など、社会問題を含んだ課題を解決しようという取り組みである。チョコレートのパッケージは歴史が古くデザインの作法が確立している中、この商品のデザインはさらりとしていてどちらかというと、サンプルのような佇まいである。その佇まいが「チョコレートを新しくする」というミッションを体現しているようで清々しい印象。特筆するべきは、大きさの違う立体的なカットが独特で、新しいチョコレート体験を期待させる。

担当審査委員| 齋藤 精一   内田 まほろ   鹿野 護   木住野 彰悟   水口 克夫   Aaron Nieh  

ページトップへ