GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
研究施設 [大光電機株式会社技術研究所]
事業主体名
大光電機株式会社
分類
業務用の建築・施設
受賞企業
株式会社大林組 (大阪府)
受賞番号
17G121129
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

照明メーカーの新たな開発拠点となる「光」をテーマとした研究施設である。自然光と人工光の所作・佇まいを追求し、明るさと暗さを対峙・調和させることで、多様な「光」が振る舞う独創的な空間を目指した。研究所のイメージを一新する、装飾性を廃したモノリス的なファサードは、「光」の研究所を追及した必然である。開口から差し込む自然光と「ヒカリタイル」が発する人工光が共演するエントランス空間、様々な建築との融合を実現したLEDライン照明など、建築に照明が付加するのではなく、一体化することで、建築と照明の間にある境界が消えたデザインを目指した。 建築と照明が追求した「光」の在り方がここにある。

プロデューサー

株式会社大林組 建築事業部設計部 高橋洋

ディレクター

株式会社大林組 建築事業部設計部 東井嘉信

デザイナー

株式会社大林組 建築事業部設計部 西森史裕+大光電機株式会社 TACT大阪デザイン課 安東克幸、川中祐介

(左から)川中祐介、安東克幸、東井嘉信、西森史裕

詳細情報

http://www2.lighting-daiko.co.jp/case/public/case56.html

利用開始
2017年4月1日
設置場所

大阪府東大阪市角田

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

照明のような建築、建築のような照明 ~建築と照明の新たな関係を目指して~

背景

施設に要求されたプログラムは大小20の試験室と研究員120名が働く快適なオフィス。敷地は交通量の多い国道や鉄道に面し、騒音や振動、景観の面で非常に過酷な条件を抱えていた。そこで、採光窓が必要ない暗室仕様の試験室特性を手掛かりに、構造体となる壁で建物を囲み、周辺環境からの負荷要素である音や振動、景観を一旦遮断した。要求プログラムをリニアにプランニングし、建物中央に守られた外部環境(中庭)を建物内の複数箇所に確保することで、中庭からの柔らかな自然の「ひかり」を共用部とオフィス空間に提供し、照明器具による「あかり」との共演を果たした。敷地環境を丁寧に読み込み、複雑に絡み合った様々な要求プログラムを丁寧に紐解くことで、そこにしかない敷地に寄り添いながら、ここにしかない建築と照明を掛け合わせることで、プログラムの解決とデザインへの昇華の両立を果たした。

デザイナーの想い

私は常々、建築を設計する上で環境に寄り添う建築を意識してきた。敷地環境を読み取り、その環境と共存できる建築を目指してきた。そこで活動する人々や訪れる人々をイメージし、人と環境とともにあるデザインを試みてきた。本計画では、敷地周辺の環境を丁寧に読み解いたシンプルな建物構成が上手く施設プログラムに呼応し、更には構造・設備計画へも、多くの効果を生み出している。建物を取り囲む厚さ350mmの外壁はそれ自身が耐震要素としての構造体であり、騒音や日射等の環境負荷を低減させるバッファとして機能させている。また本計画では大光電機を含めて様々な職種とのコラボレーションの上、実現できている。「光」という一つの素材を建築設計者と照明デザイナーがそれぞれ違う視点で捉え、扱い、共有していくことで、当初我々が想像し得ない融合を果たすことができた。「建築」と「光」の新たな関係性を見出せたのではないかと思う。

仕様

敷地面積:4,983.46㎡/建物用途:研究施設/法定構造:耐火建築物/構造種別:RC造+S造混構造/建築面積:2,302.77㎡(建蔽率:46.21%)/容積対象面積:3,829.31㎡(容積率:76.84%)/延べ面積:3,855.67㎡/階数:地上2階/建物高さ:9.25m/外装仕上:特注型せっ器質タイル

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪府東大阪市角田1-6-48
大光電機株式会社HP

審査委員の評価

自社の研究所において得意とする照明器具の可能性を積極的に提示するデザインを導入したことが特筆される。外観は周辺環境を意識して、壁が多い、控えめな印象をあたえるが、エントランスや執務空間に様々な仕掛けを組み込む。とりわけ、入口のホールでは3396個のヒカリタイルを用い、様々なパターンで発光する大きな壁を演出している。建築に照明を付加したというよりも、建築と照明の境界を消し、一体化をめざすデザインだ。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   浅子 佳英   遠山 正道   星野 裕司   安田 幸一  

ページトップへ