GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
Hotpot restaurant [HaiDiLao Hotpot restaurant]
事業主体名
Catering
分類
店舗内装設計・インテリア・公共空間
受賞企業
Vermilion Zhou Design Group (China)
受賞番号
17G121118
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

As a famous brand ''HaiDiLao Hotpot'', has it' s legend for operation, not only just the food, also with their unique service style, this brand influence many China Food & Beverage market, the original impression images of brand is it' s red, hot, spicy. But what is the next, do we have a new way to enjoy Hot pot ? For the new ''HaiDiLao'', we try to give the new identity.

プロデューサー

Sichuan Haidilao Catering Co.,LTD

ディレクター

Kuang Ming (Ray) Chou., Garvin Hung., Vera Chu

デザイナー

Stephanie Hung., Mavis Huang, Boyuan Ling

Kuang Ming Chou

詳細情報

http://www.vermilionzhou.com/en/product/detail.aspx?id=184

利用開始
2017年2月
販売地域

国外市場向け

設置場所

Shanghai, China

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

Good function, Easy operation, Efficient modularize, then Cultural transmission.

背景

Hot pot can be an indispensable record of Chinese food culture, perhaps from the Shang and Zhou dynasties or even earlier from the ancestors found that the beginning of the ancient food with cooked food, and this '' share the bonfire '' Food evolve so far, in addition to more diversified segments, richer ingredients selection, also become friends, family parties of choice, we try to find a new way to share and communicate this culture.

デザイナーの想い

Three design priorities from ''Function'', ''Operation'', ''Modularize'', we re- organize this legendary brand, from employees to customers, just like their well known story, we try to give the smart way to enjoy this traditional food, not only upgrade but also create.

仕様

1250 m2

審査委員の評価

主として密度の問題に取り組んだプロジェクトとして、非常によく考えられ、うまく実行されている。火鍋は、食材と用具類がテーブルに所狭しと並ぶため、通常より大きなテーブルが必要になる。本モジュールの設計は、そのような火鍋のあらゆる要件を極めて巧みに満たしている。例えば、さまざまな構成要素が、本モジュールの収納スペースを最大化すべく、独創的に配置されている。間仕切りの高い位置に設けられた、食材用の収納棚もそのひとつだ。また、使い勝手の良さやメンテナンスの容易さを重視し、さまざまな計画の詳細を綿密に考慮することにより、サービスの手間だけでなく、騒音、プライバシー、座席配置の柔軟性に関する問題を大幅に軽減している。こうした点は、本プロジェクトが徹底的に考え抜かれたものであることを如実に物語っている。

担当審査委員| 朝倉 重徳   Carl Liu   倉本 仁   Gary Chang   Hui ming Tong  

ページトップへ