GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
Cafe, Restaurant [T. CAFE]
事業主体名
LAAB Architects
分類
店舗内装設計・インテリア・公共空間
受賞企業
LAAB (Hong Kong)
受賞番号
17G121117
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

The Environmental Protection Department of Hong Kong would like to have a refreshment area at T. PARK, a sludge-treatment facility and education centre. We designed T. CAFE, a self-serving light-refreshment cafe with furniture fabricated using fender woods collected from demolished Wan Chai Pier. Through innovative use of recycled materials in our design, T. CAFE echoes with the purpose of T. PARK, which is to promote environmental conservation and sustainability.

プロデューサー

Environmental Protection Department (HKSAR Government), VW-VES (HK) Limited

ディレクター

Yip Chun Hang, Otto Ng, Ricci Wong, Jesse Hau (LAAB), with Roy Ng

デザイナー

Zion Chan, Kenneth Cheung, Carolyn Tam, Tat Lau, Happy Yam, Phoebe Ng, Catherine Cheng, Tyrus Lui, Anson Ma, Hon Chan, CK Wong, Kelvin Lam (LAAB), with Milkxhake, Stylo Vision, and CKK

LAAB Architects

詳細情報

http://LAAB.pro

利用開始
2016年9月1日
販売地域

国外市場向け

設置場所

Tuen Mun, Hong Kong

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

up-cycling

背景

Hong Kong is a rapidly changing and highly urbanized city. With a heavy focus on economic development, things in Hong Kong are easily considered as "old" and "wasteful." Many buildings and facilities with great historical values have been torn down and replaced by shiny skyscrapers that symbolize modernity, development, and future. At the same time, awareness on environmental sustainability and historical preservation is also growing. T. CAFE captures this burgeoning environmental sensibility in Hong Kong and shows how sustainability can be achieved through thoughtful design and building process.

デザイナーの想い

We wish to promote environmental awareness through designing with up-cycling materials.

仕様

Size: 200 sq. m

どこで購入できるか、
どこで見られるか

LAAB.pro
LAAB Architects
T. PARK, Hong Kong

審査委員の評価

非常に感性豊かで刺激的なプロジェクトであり、建設地が持つ独特の背景とリンクした力強い物語を体現している。このカフェは、汚泥処理施設と、環境保護やサステナビリティーを推進する教育センターがある施設内に設けられた軽食エリアなのである。ここでは、使われなくなった桟橋や、桟橋の木製防護材から出た古材が見事に活用されている。木材の経年劣化や損傷の程度に基づいた、極めて論理的かつ客観的な手法を家具製作に適用することで、驚きと詩情に満ちた工芸品を生み出している。プロジェクトの発表方法や、木製防護材の運搬と製造工程を紹介するビデオクリップもまた見事だ。過程と最終結果をバランスよく重視する手法を実践してみせた、素晴らしいケースであり、現代における非常に有望な取り組み方である。

担当審査委員| 朝倉 重徳   Carl Liu   倉本 仁   Gary Chang   Hui ming Tong  

ページトップへ