GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
集合住宅 [亀戸の集合住宅]
事業主体名
株式会社GSディベロップメント+内野建設株式会社
分類
集合住宅
受賞企業
株式会社GSディベロップメント (東京都)
内野建設株式会社 (東京都)
AIUEO STUDIO 株式会社 (東京都)
ito.+伊藤教司建築設計事務所 (愛知県)
受賞番号
17G110996
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

都心の比較的高密度な地区に位置する、7階建44戸からなるワンルーム集合住宅の計画である。 駅からほど近いところに位置する敷地は6m道路を介して公園に面し、都心でありながらも良好な住環境を得られやすい立地である。 大通りより少し入り込んだ現地に足を運んでみると、混在して建ち並ぶ建物によって閉鎖的なイメージを持っており、閑散とした公園にはにぎわいがなく、どちらかというと暗い印象を持った。 ここでは、ワンルームマンション事業に付け加え、この計画により公園と街と一体となり、活気を呼び戻す、根本的な街並みの改善を目指すこととした。 道、公園に対してどのように対峙し、向き合うかが本計画の課題であった。

プロデューサー

株式会社GSディベロップメント 德山真樹+内野建設株式会社 矢野文雄

ディレクター

株式会社GSディベロップメント 大嶋譲二+内野建設株式会社 黒田哲治、松原太

デザイナー

AIUEO STUDIO株式会社 佐々木純也+ito.+伊藤教司建築設計事務所 伊藤教司

佐々木純也+伊藤教司

利用開始
2016年11月15日
価格

110,000円 (賃料110,000円程度)

販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都江東区亀戸6丁目

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

環境と互いに寄り添い、混ざりあうような境界をもつワンルームマンション。

背景

商業施設や大規模な開発が進む江東区亀戸駅周辺。 駅からほど近いところに位置する計画地はかつて都電が走っていた緑道や小規模の公園があったり、歴史を感じさせるものとが共存している。 しかしながら周囲に建ち並ぶ中規模の集合住宅等の無秩序な風景の連続が、都心のイメージを打ち消し、雑然とした景観が、閉鎖的な印象をもたらしている。 こうした現状の閉鎖的なイメージを解消するために本計画のデザインがきっかけとなって、周囲を啓発し、土地の持つポテンシャルを取り戻す必要があると考えた。

デザイナーの想い

本計画では、建物のファサードに生活の動きを映し出すこと、公園の活気をインテリアに取り込むことをテーマに、相互に行き来しあうような活気が生まれ、一体となって溶け込んでいくようなことを目指した。 ここではワンルーム(個性)の集合体として捉えて全体を積み上げ、そこから発信されるであろうエネルギーに期待を膨らませている。 ワンルームマンションという画一的になりがちな計画であるからこそ、周囲の環境やデザインの可能性をよりどころに、多様化するきっかけになれば良いと考えている。 本計画が波紋となって広がっていき、周辺への牽引し、街並みの発展につながっていくことを期待している。

仕様

敷地面積320.12㎡、建築面積238.29㎡、延床面積1401.97㎡、鉄筋コンクリート造 、地上7階建て、集合住宅25㎡(1R)総戸数44戸

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都江東区亀戸6丁目

審査委員の評価

のっぺりとなりがちな複合住宅のファサードがわずかな操作によって見え方の奥行きを生み出している点がデザインとしての評価である。公園から見た遠景ではグリッドのような全体像と見えるが、近景ではダイナミックなファサードになっている。

担当審査委員| 篠原 聡子   仲 俊治   西田 司  

ページトップへ