GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
改修による旧社員寮のシェアハウスへの再生 [起業家シェアハウスFespa京都]
事業主体名
株式会社リヴ
分類
集合住宅
受賞企業
株式会社リヴ (京都府)
株式会社彩ファクトリー (東京都)
有限会社ランドサット (大阪府)
受賞番号
17G100973
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

応募対象は、RC造築50年の旧社員寮のシェアハウスへの再生事例である。立地は京都市南西部・向日市の市内私鉄駅から徒歩20分の高台に位置している。駅からのアクセスが良くない、近年空家であった社員寮を、地元住宅ビルダーが所有し、シェアハウス企画の事業者とのコラボレーションによって「起業家を対象としたシェアハウス」にリノベーションした。「コンセプト型」と言われるこのシェアハウスは、共有空間のみならず居住者の価値観等をシェアする事で、事業者としては家賃に代わる付加価値を、居住者には同じ目的を持った仲間との生活で得られる精神的豊かさを提供している。

プロデューサー

株式会社リヴ 代表取締役 波夛野賢+株式会社彩ファクトリー 代表取締役 内野匡裕

ディレクター

有限会社ランドサット 代表取締役 安⽥利宏

デザイナー

有限会社ランドサット 代表取締役 安⽥利宏

有限会社ランドサット 安田利宏

詳細情報

https://liv-r.co.jp

利用開始
2015年12月
販売地域

日本国内向け

設置場所

京都府向日市

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

住人が共有空間だけでなく価値観も共有できる、大規模改修による「コンセプト型」シェアハウス

背景

本シェアハウス運営者の株式会社彩ファクトリーは、様々な「コンセプト型」シェアハウスを全国で企画・運営する企業である。対象物件の活用方法を検討していた地元企業の株式会社リヴと共同で、この古い旧社員寮の改装に着手した。対象物件が最寄駅から遠く高台にあるため、家賃の低額化が回避できる「コンセプト型」シェアハウス案の採用は、事業性という点からも必然であった。東日本大震災以降、人の繋がりを意識した住まい方を模索する動きが若年層に広がり、そうした背景がシェアハウスの拡大の一因となっている。だが共用空間のシェアに限定された従来のシェアハウスは、家賃が安価に抑制できる事で入居のハードルが下がり、住人同士のトラブルが多いのが実情だ。入居者を限定できる「コンセプト型」は、事業者独自の判断で家賃設定ができ、定期的なイベント開催で入居者の満足度が高まり、事業性・社会性からも理にかなった新しい居住スタイルと言える。

デザイナーの想い

改修対象が古いRC造なため、構造チェックと共にコンクリート剥離検査は外壁・屋根など全範囲を入念に点検し、小さな指摘箇所も補修対象とした。屋上には構造上積載可能分のソーラーパネルを設置し、そこで発電した電力は共用部電源となり、将来導入予定の住人専用電気自動車の電源になる。外壁の塗替えに際し、様々な人々が暮らすイメージを4色で表現。バルコニーの既存手摺は閉鎖的な印象を与え、内部の採光不足の原因だったため、手摺壁の過半を透明化して閉鎖感を排除し、高台からの眺望を確保した。この社員寮は公団住宅等でみられる階段室型住戸であるが、向い合う2区画の玄関ドアキーを同一にする事で、2区画間の往来を円滑にした。1階FLがGLから1M以上あったので1室の既存床を撤去し天井高3Mの居室を作って使用用途の拡大を図った。外部デッキは中古木製パレットを再利用しコスト抑制を図りながら環境負荷低減に繋げた。

仕様

地上4階建/RC造/リノベーション/賃貸住宅/建築面積:254㎡/延床面積:1017㎡

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社リヴ + 株式会社彩ファクトリー
株式会社リヴ
株式会社彩ファクトリー
有限会社ランドサット

審査委員の評価

社員寮をシェアハウスへとリノベーションした計画である。立地の悪さや既存建物の使い勝手の悪さを逆に魅力に変えられるよう、居住者を起業を目指す人たちに特化して空間構成から様々なイベント企画まで行っているところが冴えている。未活用の社会資産を有効に活用していくためには、単なる空間のデザインだけでなく、潜在的なニーズの掘り起こし、仕組みつくりなど、様々な知恵を総動員しなくてはならない。そのお手本のようなプロジェクトである。

担当審査委員| 手塚 由比   千葉 学   栃澤 麻利   Gary Chang   Shu-Chang Kung  

ページトップへ