GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
歯科用3次元X線診断装置 [ベラビュー X800]
事業主体名
株式会社モリタ製作所
分類
医療用の機器・設備
受賞企業
株式会社モリタ製作所 (京都府)
受賞番号
17G080817
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ベラビューX800は、CT、パノラマ、セファロの撮影機能を併せ持つ歯科用3次元X線診断装置です。独自の先端技術を採用し、高精細な画像撮影と同時に、患者への被ばく量の低減を実現しました。 広い可動領域を持つ特徴的なアーム構成により、術者と患者の対面ポジションや、車椅子への対応が可能となりました。直感的なGUIを搭載する操作パネルは、術者の身長や姿勢に合せて自在に調整することができます。 X800の明快なフォルムと細部に至る機能美は、本製品の優れたユーザビリティと高い精度を表現し、さらにはモリタのコーポレートDNAを示しています。

プロデューサー

株式会社モリタ製作所 取締役 髙嶋美彦

ディレクター

株式会社モリタ製作所 取締役 髙嶋美彦

デザイナー

f/p design gmbh, Fritz Frenkler, Anette Ponholzer, 河邊旬司

Fritz Frenkler, Anette Ponholzer

詳細情報

http://www.dental-plaza.com/article/veraview_x800/

発売
2016年11月21日
価格

9,600,000 ~ 16,300,000円

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

国内・海外共通仕様 設置場所:大学病院、歯科大学、歯科医院

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

先進技術を搭載した精密医療機器に相応しい信頼感と、永続的な機能美を追求したデザインです。

背景

私達にとって、人を中心とした設計思想の追求は、創業以来根底に流れる揺るぎない精神です。この精神のもと、高度に複雑な医療機器でありながら、術者はより直感的に負担なく操作ができ、患者はより自然に測定を受けられるX線診断装置を開発したいと考えました。 社会背景としては、国内外での身体条件の違いや、高齢化社会への対応が課題としてありました。車椅子を必要とする方や小児患者への対応も必須です。幅広いユーザーにとって快適となる設計要件を導き出すと同時に、エンジニアリングとデザインを両立させる作業は、困難を極めました。 市場動向として、高精細な画像撮影に対するニーズは益々高まっています。一方、患者の立場からは、被ばくへの不安が常にあり、低被ばくでありながら高精細な画像診断を提供することにも注力しました。 また、診療空間の清潔感やインテリア性を重視するニーズの高まりも、開発初期から意識した点の一つです。

デザイナーの想い

人を中心とした設計思想の一貫性を保ち、それが分りやすくユーザーに伝わるよう可視化することを目指しました。デザインの表現が文化を問わず、自然に受け入れられる装いになるよう何度も議論を繰り返しました。また、表層的で複雑になりがちな医療機器のデザイン分野において、使用年数が長いプロダクトとして、永続的な美しい外観デザインに仕上げることに努めました。無駄な装飾を省き、継ぎ目や凹凸を少なくした表面形状は、安全面と衛生面においても利点があり、大きな特徴の一つだと考えています。 GUIデザインにおいては、文字表現を極力減らすことで、世界各国で使用される際に言語に依存しない操作が提供出来ることを心掛けました。また他機種のGUIとの共通化を通して、ブランドとしてのインターフェイスデザインの一貫性にも努めました。

仕様

寸法 パノラマ仕様:W1,400 × D1,200 × H2,185 mm セファロ仕様:W2,000 × D1,200 × H2,185 mm 質量 パノラマ仕様:185kg セファロ仕様:220kg

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社モリタ、株式会社モリタ製作所
株式会社モリタ
株式会社モリタ製作所
モリタグループ

審査委員の評価

高機能、高い安全性を実現しながらも、直線と二次曲線を基調とした幾何学的で無駄のないスタイリングと完成度の高さに驚かされた。視覚的なノイズがないため、撮影ポジションに立った際も不安感がなく、術者にとっても患者と対面しながら操作に集中できることが想像できた。操作部のインターフェイスも無駄なくわかりやすくデザインされており、医療機器の理想的な姿を示していると高く評価した。

担当審査委員| 田子 學   安次富 隆   重野 貴   村上 存  

ページトップへ