GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
マシンオートメーションコントローラ [NX1Pシリーズ]
事業主体名
オムロン株式会社
分類
生産・製造用機器・設備
受賞企業
オムロン株式会社 (京都府)
受賞番号
17G080761
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「NX1P」は、これまで弊社のSysmac NJ/NXシリーズを通じて最先端の大規模設備や次世代設備で培った、高度な摺合せ制御のノウハウやデータを活用した生産プロセスの改善ソリューションを、汎用的な小中規模の生産設備にも展開しやすくした、マシンオートメーションコントローラーのエントリーモデルです。 今後の生産革新に欠かせない、情報化のためのネットワークと、高機能モーション制御を小型・ワンパッケージで商品化しました。また機能だけではなく、プッシュインPlus端子台など使い勝手・作業性向上も追求しました。

プロデューサー

オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 商品事業本部 コントローラ事業部 鈴木紀昭

ディレクター

オムロン株式会社 インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー デザイングループ 名田平太

デザイナー

オムロン株式会社 名田平太+株式会社モビールデザイン 奥野博嗣

Heita Nada

詳細情報

http://www.fa.omron.co.jp/products/category/automation-systems/machine-automation-controllers/controller-nx1p/

発売
2016年10月3日
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

コンパクトなボディに機能が凝縮された、エントリーモデルでありながらも信頼感のあるパッケージング。

背景

高品質な製品を安定的かつ効率的に生産するニーズが世界中で拡大するなか、最先端の生産設備だけでなく、汎用的な小中規模の生産設備に対しても、より高速・高精度な製品の加工や、機器の故障による設備の停止を未然に防止するためのデータ活用システムの追加等、生産設備の性能向上やスマート化が求められています。 小中規模設備の進化に貢献するべく、情報化に欠かせないネットワークと、高速・高精度を実現するモーション制御を内蔵したNX1Pシリーズを、従来のNJ/NXシリーズのエントリーモデルとして企画しました。

デザイナーの想い

外観デザインを通して本製品の提供価値がお客様に正しく確実に伝わるよう、細部に渡り拘って造形処理を行いました。コンパクトなボディで汎用性と高性能を両立させてワンパッケージに収める為には、ハイスペックなマイコンを高密度実装することとなり、それが故に発生する熱を如何に自然対流のみで逃すが課題でしたが、放熱孔の試作と試験を繰り返し、剛性と放熱と意匠性を兼ね備えた造形を実現しました。結果、汎用的なエントリーモデルであっても一切妥協の無い製品として、ハイエンド商品と変わらぬ信頼感を持たせ、お客様に安心して導入頂けるようなデザインにできました。また、接点数の多い端子台に接続される大量のケーブルを本体の上下に綺麗にまとめて配線できるよう、端子台に結束帯保持部を複数設け、配線のしやすと設置環境の美しさにも配慮しました。

仕様

外形寸法:130(W)×100(H)×71(D)、154(W)×100(H)×71(D)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

弊社営業担当までお問い合わせください
Sysmac Style(シスマックスタイル)
オムロン制御機器インターネットサービス

審査委員の評価

本製品の特徴は、装置のすべての制御を行う機能や、Ethernetやシリアル通信などのインタフェースを、複数ユニットの組合せでなく一つにパッケージ化した集約性にある。配線工数を削減する多数の整列したプッシュイン端子と、高密度実装したマイコンの発熱を自然対流で逃がす放熱、意匠性を兼ね備えた放熱孔の造形も、一種の統一感を醸し出し、デザインにより多機能性や信頼性をアピールすることに成功している。

担当審査委員| 田子 學   安次富 隆   重野 貴   村上 存  

ページトップへ