GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
はさみ [ジョーウェル クラッシックシリーズ]
事業主体名
株式会社東光舎
分類
衛生・美容・健康用品/家庭用医療器具
受賞企業
株式会社東光舎 (東京都)
受賞番号
17G080735
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

応募対象のデザイン(全長と刃渡りが短く、刃渡り部のカーブが直線に近い)は髪をきっちりと捕えて滑らさず、精密なカットを行うブラントカットに適している。 ブラントカットは1963年に提案された現代のヘアカット技法の基本である。この技法では「展開図」と呼ばれる髪型の設計図に忠実なカットが求められるが、応募対象のデザインはこれに最適である。 また、応募対象の柄の細いデザインは髪の毛数本をカットする微かな切断の感触を的確に指に伝えることが出来る。同形状で素材を変えたブラックコバルトシリーズは、数本ずつの髪をつまみながら点で髪型を作り上げてゆくニューヨークドライカット技法のユーザーにも絶大な人気がある。

プロデューサー

株式会社東光舎 会長 井上弘

ディレクター

株式会社東光舎 会長 井上弘

デザイナー

株式会社東光舎 会長 井上弘

デザイナー写真

詳細情報

http://joewell.co.jp/product/cut/new-cobalt.html

発売
1975年5月
価格

47,000 ~ 54,000円 (ニューコバルトシリーズの価格。クラッシックシリーズは現状海外向けのみ。)

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ヘアカット技法に寄り添った、ユーザーの指先として機能する手の一部としてのはさみという道具

背景

1963年に英国の美容師ヴィダル・サスーンが発表したブラントカットは、髪のセットに費やしていた膨大な時間から女性を解放し社会進出を促した点で画期的であった。ブラントカットの基本は展開図通りに精密にカットを行う点で、その道具として小ぶりな「ミニシザーズ」が使われるようになった。応募対象は、その日本初のミニシザーズの改良版であり、1970年代には海外に逆輸出され、サスーンのアカデミーの講師の間でも愛用された。その後、ミニシザーズの問題点であった刃の耐久性向上を目的とし、1977年5月に、航空機用素材として開発されていたコバルト基合金を使った世界初の、同形状のニューコバルトシリーズが発売された。ニューコバルトシリーズは、ブラントカットとは別のカット技法であるニューヨークドライカットにも最適で、その発案者である、ジョン・サハグも愛用し数多くのハリウッド俳優のヘアカットにも使用された。

デザイナーの想い

1967年に海外でブラントカットというカット技法が流行しているとの情報を得て、そのヘアカットに適したはさみの開発を始めた。その過程で萩原宗氏、今井英夫氏など、世界最先端のヘアカットを学び、その後の日本美容界を牽引した若い美容師達から情報収集する機会を得た。その中で「指先をそのまま延長して、切れ味をそのまま感じられる」はさみを目指してデザインするという着想を得た。それまでのはさみは出来るだけカットの抵抗を感じないようにするために全体的に重く太めにデザインすることが普通であった。しかし発想を基本的に変え「切れ味を感じられる」ことを具現化するため可能な限り余分をそぎ落とし、小さく軽いはさみを開発する事が出来た。その後、耐久性向上のために当時誰も使っていなかったコバルト素材での製品開発も行った。クラッシックシリーズ、ニューコバルトシリーズが現在でも多くのユーザーに愛されていることは自らの宝である。

仕様

Joewell Classic J-45(重量28.0g, 全長118mm, 刃渡り42mm) J-50(重量32.0g, 全長129mm, 刃渡り48mm) New Cobalt NC-4.5(重量27.5g, 全長121mm, 刃渡り41mm) NC-5(重量32.0g, 全長132mm, 刃渡り48mm)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

株式会社東光舎本社 東京都文京区本駒込6-12-16
G.E.Betterton Home Page
Bratt Trading Home Page
Haaro Home Page

審査委員の評価

カットした時の抵抗感がない切れ味の良さに感動した。鋏を手にした時に、身体の一部と化したようなフィット感も心地よい。鋏を指先の延長と考えて作られている刃渡りの短い直線的で無駄がない形状には、単なるシンプルさ以上に人を惹きつける凄みを感じた。1975年の発売以来デザインを変えずに販売し続けられていることからも、究められたデザインであることが伺える。

担当審査委員| 田子 學   安次富 隆   重野 貴   村上 存  

ページトップへ