GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
オープントップ型金属製輸送コンテナ [エコロジーボックス E/B]
事業主体名
愛宕自動車工業株式会社
分類
業務用移動機器/業務用移動用設備
受賞企業
愛宕自動車工業株式会社 (大分県)
受賞番号
17G070710
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ISO規格である40フィート国際海上コンテナ用シャーシを用いたトレーラーに搭載するオープントップ型金属製輸送用コンテナ。リサイクル資源の一つであるスクラップ(鉄屑)を効率的かつ安心、安全に運ぶためのコンテナボックス=「エコロジーボックス®」を開発しました。材質に一般鋼の約3倍強度がある耐摩耗鋼を使用し、シンプルかつスタイリッシュでタフなボデー構造を実現しました。従来の一体式ボデーに比べ、国際海上コンテナ用シャーシに対応した汎用性の高いコンテナボックスとすることで導入コストを大幅に低減可能となりました。本製品を広く普及することで、循環型社会の成長に貢献します。

プロデューサー

愛宕自動車工業株式会社 代表取締役社長 愛宕康平

愛宕自動車工業株式会社 代表取締役社長 愛宕康平

詳細情報

http://www.atago-body.co.jp/products/ecology_box/

発売
2010年4月10日
価格

4,550,000 ~ 6,500,000円 (消費税別,トレーラーシャーシの価格は含まれておりません。)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

40フィート国際海上コンテナ(ISO規格)用シャーシを用いたトレーラーに搭載

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

再生資源を効率的かつ安全・安心に運べる、頑丈でタフなエコロジーボックス®

背景

世界にある鉄の約半分は、機械のスクラップや自動車、空き缶などを原料にして作られており、実際のリサイクル率も40%以上あるエコな素材と言われており、鉄スクラップをリサイクルする際、使用エネルギーや温室効果ガスを75%削減できるといわれています。温室効果ガスの排出量を大幅に削減できる鉄スクラップをリサイクルすることで、地球温暖化の防止につなげることができます。 しかし、この資源を運搬するスクラップ(鉄屑)運搬車のイメージは、後ろを走る車から見ると横に膨らみがあることから積み荷が倒れてきそうで怖いイメージがあり、一般的には悪い印象を持たれていました。そこで「安全・安心」をコンセプトとし、大容量の運搬が可能でボデーの強度があり、納期が掛からないコンテナボックスの製造を目指し、この「エコロジーボックス®」が誕生しました。

デザイナーの想い

これまでスクラップ(鉄屑)運搬車を製造する際、出来る限り側面のボデーが膨らまないようにするため骨組みを増やすことで強いボデーにできると考えられていました。しかし、骨組みを増やすと車体重量が重くなり、充分な積載量を確保することができない問題を抱えていました。そこでこの問題をクリアする為、骨組みを増やすのではなく、積載量確保のために骨組みを減らすことを考え、まず素材の選定を行いました。エコロジーボックス製作については「全てを日本製に」とのコンセプトから、「(1)安定した高品質の確保、(2)安定した鋼材の確保、(3)安定した原価の確保」が可能である国内製の鋼材から検討し、一般鋼の約4倍硬度と約3倍以上の引っ張り強さがある耐摩耗鋼に着目しました。この耐摩耗鋼を母材として選定することで、側面の骨組みを5本に減らすことが可能となり、空気抵抗も考慮したボデーが生まれました。

仕様

40フィート国際海上コンテナ(ISO規格)用シャーシを用いたトレーラーに搭載可能。一般鋼の約3倍強度がある耐摩耗鋼を使用。形状は、後面が密閉タイプとコンテナゆえに実現した片開きドアタイプの2タイプ。ボックスサイズはM・L・XLの3通り。標準仕様のLサイズ(片開きタイプ):全高(高さ:3,570㎜、幅:12,800㎜、幅:2,490㎜)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

愛宕自動車工業株式会社
愛宕自動車工業株式会社
エコロジーボックス®(スクラップコンテナ車)

審査委員の評価

スクラップ/鉄屑を運搬する際に必要とされるコンテナボックスの強度のデザインに着目して,耐摩耗鋼を採用することで,一般鋼の3倍強度を実現すると共に,積載量確保を達成しており環境貢献もきわめて高い商品といえよう.単純だけれども,側面に数を押さえた「骨」を配置することで,荷箱の膨らみ発生の防止を 実現しており,地道で着実なデザインを高く評価したい.

担当審査委員| 羽藤 英二   青木 俊介   菅原 義治   森口 将之   Hrridaysh Deshpande  

ページトップへ