GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
鉄道 [小湊鐵道]
事業主体名
小湊鐵道株式会社
分類
移動用機器・設備
受賞企業
小湊鐵道株式会社 (千葉県)
受賞番号
17G070631
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ローカル鉄道と沿線里人の懐かしい未来 SATOYAMAづくり。 SATOYAMAは縄文の昔から、ヒトが自然に手を入れ作りあげた半自然・半人工、ヒトの暮らしに最適な風土です。私たちはSATOYAMAを残された遺産ではなく未来資産と捉え、それを世界にシェアーし、創意工夫してより豊かにする一歩を踏みだしました。

プロデューサー

小湊鐵道株式会社 代表取締役社長 石川晋平

ディレクター

小湊鐵道株式会社 鉄道部長 黒川雄二/顧問 数馬宏喜

デザイナー

南市原里山連合 松本靖彦ほか+喜動房倶楽部+森遊会+石神菜の花会+いっぺぁde渓谷+市原市+絵本作家工学博士 かこさとし+千葉公慈+藤本壮介+三宅正芳+北陸重機工業+川西正人+山本嘉範+山﨑毅彦

SATOYAMAおこし&逆開発の主だったメンバー

利用開始
2015年11月15日
価格

500円 (通常運賃にトロッコ指定券500円)

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

SATOYAMA DESIGN (自然から学び、よいモノを手入れし長く使う)

背景

SATOYAMAの風を全身に浴びて走るレールバイク(HONDA125ccバイクを鉄路用に改造した作業用車両)の快感を、内外のツアラーにシェアーしたい。 トロッコ列車が生まれた理由(動機)です。 中房総のSATOYAMAは、羽田・成田両空港のほぼ中央に位置し、海外からのツーリストのアクセスは抜群、今後も多くの来訪者が期待できます。SATOYAMA快感の実体験をとおして、日本が世界に誇るエコ・サステナブルなカルチャーとライフスタイルを海外にシェアーする絶好のチャンスです。

デザイナーの想い

加えるのではなく、省く。分けるのでなく、わけない。そのことから快感が生まれることを知った。 「有りがたい」「勿体ない」の文化から生まれた日本固有のモノづくりのセンスかも知れない。よいモノを手入れして長く使う。 使い終えたモノを清めて祀る。モノとヒトの潔い関係性の延長線上にSATOYAMAトロッコは生まれたと思う。SATOYAMAと里人 のスピリチュアルな交歓とおなじ。だから快感を覚えるのだろう。

仕様

SATOYAMA

どこで購入できるか、
どこで見られるか

千葉県市原市 小湊鐵道線 のうち 上総牛久駅〜養老渓谷駅 及び その周辺里山
里山トロッコ列車
飯給里山便り
日経ビジネス 小湊鐵道 逆開発

審査委員の評価

鉄道は地域を再生させるためのインフラ足りえるか.地域の逆開発に向けて,駅 や鉄道そのものをより簡素にしながら,地域と一体に歩もうとするデザイン. SATOYAMAというコンセプトは使い古されている感もあるが,あえて押さえたデザインで,地域に歩調をあわせつつも,沿線住民自らが,暮らしの中にある鉄道の 風景の質を高めていこうとするデザイン思想が優れている.

担当審査委員| 羽藤 英二   青木 俊介   菅原 義治   森口 将之   Hrridaysh Deshpande  

ページトップへ