GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ベッド [インタイム 1000]
事業主体名
パラマウントベッド株式会社
分類
生活家具/家庭用照明器具
受賞企業
パラマウントベッド株式会社 (東京都)
受賞番号
17G060554
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

当社がメディカルケア分野で培った技術力を活用し一般家庭向けに開発した電動ベッド。医療用ベッドで培った背や腹部に負担の少ないリクライニング機構や好みのポジションを再現できるメモリー設定など快適性・利便性を高める機能を搭載。背を上げベッド上での読書や膝を上げて足のむくみを和らげる、ベッドポジションを変えてリラックスする等、日常生活の快適性向上を目指した。介護が必要な時には介護用ベッドに変身。サイドフレームのカバーを上下裏返して装着することでベッド柵など様々なオプション類の取り付けが可能です。広く良質な福祉環境の普及と共に熟年~老年期をポジティブに意識付けすることを製品企画の狙いとした。

ディレクター

パラマウントベッド株式会社 技術開発本部デザイン部 駒田博

デザイナー

パラマウントベッド株式会社 技術開発本部デザイン部 松本孝樹

詳細情報

http://intime.paramount.co.jp/item/intime1000/

発売
2016年10月12日
価格

145,000 ~ 235,000円 (ベッド・マットレスセット 158,000 ~ 292,000 円)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

健康な時から日常生活の快適性向上の目的に使える電動ベッド、豊富なラインナップと介護仕様へ変身が特徴

背景

突然の大怪我や急な体調変化で電動ベッドを用意したい時や、介護保険下ではレンタル対象外である身体の不自由な方や身体の衰えを感じている方など、 電動ベッドを使いたくても困難な場合があります。 「INTIME1000」はこうした方々にも向けて、健康な時からライフスタイルを楽しむことが出来る電動ベッドの提案です。 インテリアやお好みに合わせてデザインを選択できる豊富なバリエーション、サイドフレームカバーを裏返して装着することで介護仕様に変身させる構造により、 自身や家族が選んだものを愛着を持って使い続けることが出来ます。

デザイナーの想い

「INTIME1000」は単に寝る場所としてだけではなく、ベッドポジションを変えて読書やTVを楽しむ、膝を上げて足のむくみを取るなど、ベッドを快適な空間としてもお使いいただくことが出来ます。 特徴は大きく2つあります。 一つ目は、お好みのインテリアに合わせてデザインを選べるように、486通りの豊富なラインナップを用意。 フットボードのないベッドスタイルや、棚やコンセントのある使い勝手の良いヘッドボードも設定しました。 二つ目は、将来への備えとして介護にもお使いいただける仕様です。介護ベッドが必要になった場合でも、いつものベッドがそのまま使えれば、寝室環境を大きく変える必要がなく、 余計なストレスを抱え込まずに落ち着いて過ごせます。

仕様

全幅100~105 × 全長203~213 × 高さ56~103mm、ボトム高さ25~60cm。重量83~93㎏。ボード形状は6種類、色柄は8種類、機能は3種類の組み合わせで、486通りのラインナップ。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

スマートスリープストア東京 東京都中央区京橋1丁目6番1号三井住友海上テプコビル1階
パラマウントベッド インタイム1000

審査委員の評価

メディカルケア分野の実績と経験を生かして、これからの社会的な課題である家庭内療養や在宅介護に対応する電動ベッドとして、一般家庭用電動ベッドとして開発された本品の着想と機能性、そして今後の製品分野の可能性を評価した。機能性はメディカルケア分野の経験を生かし、様々なオプションの取り付けが可能であり、また、今後の老齢化社会に向けた一般家庭用電動ベッドとしての新しいあり方を模索した製品である。ヘッドボードの在り方によって製品のイメージは大きく変わるので、その点の研究開発を行なって欲しい。

担当審査委員| 鈴野 浩一   橋田 規子   原 研哉   藤森 泰司   吉田 龍太郎   Puvanai Dardarananda  

ページトップへ