GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
デジタル一眼レフカメラ [EOS 5D Mark IV]
事業主体名
キヤノン株式会社
分類
情報家電/公共用情報機器
受賞企業
キヤノン株式会社 (東京都)
受賞番号
17G050427
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

ハイアマチュアユーザー向け35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ。自社開発約3040万画素CMOSセンサー、新映像エンジン、プロ用高密度多点AFを搭載。高画素・高速連写・高感度等の基本性能を向上させ、高精細な4K動画撮影も実現した。多彩な通信機能を新たに採用しスマートフォン等で遠隔撮影・再生を可能にした。インターフェースにおいてもグリップ形状や操作部材のレイアウトを追求しタッチ式液晶モニターと合わせて、より直感的でダイレクトな撮影環境を提供している。ハイアマチュア機にふさわしい堂々とした佇まいと高品位の実現のため、基本造形から細部に至るまで作り込みを重ねた。

プロデューサー

キヤノン株式会社 執行役員 イメージコミュニケーション事業本部長 戸倉剛

ディレクター

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 所長 石川慶文

デザイナー

キヤノン株式会社 総合デザインセンター 稲積めぐみ(PD)/山﨑伸吾、釘澤友美子(UI)

詳細情報

http://cweb.canon.jp/eos/lineup/5dmk4/index.html

発売
2016年9月

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ハイアマチュアユーザーの期待に応え、継承と洗練を追求した一眼レフカメラ

背景

被写体をありのままに見る光学式ファインダーや小気味良く動くメカニカルシャッターは撮影行為を高揚させる要素であり、プロ・ハイアマチュアから普遍的な支持を得ている。本機はこの方式により寒冷地等の過酷な使用環境でも高い耐久性を発揮する。光学ファインダー機はバッテリー交換せずに長時間撮影が可能で、画素数や感度などの基本性能進化と合わせて、風景からスポーツ、ウェディングなど多くの分野で静止画・動画問わず快適快速な撮影を実現する。スマートフォンなどで身近になったタッチ式液晶モニターや通信機能の搭載により、撮影スタイルの拡大といった新たな価値をユーザーへ提供。その他にも防塵防滴性能向上など細かな改善・改良を重ね、プロ・ハイアマチュア問わず安心感を持って使用してもらうことを目指した。デザインの点では、このクラスにふさわしい佇まいや高品位な表現、質感など細部までこだわり高い完成度を追求した。

デザイナーの想い

撮影によって得られるコトはもちろん重要だが、モノの魅力がユーザーへ与える影響も大きいと考え、細部までこだわってデザインを進めた。グリップは撮影時だけでなく持ち運ぶ際にもしっかりとホールド出来る形状を再考。背面に追加された測距エリア選択ボタンは親指で操作しやすい位置を検討し、ファインダーを覗いたまま手元を見ずに操作できるよう、指先へ伝わる感触の調整も重ねた。天面部に新たに搭載された通信機能により一部樹脂材を使う必要があったため、隣り合う金属材との一体感を実現する工夫が求められた。例えば、本体へ溶け込む割線のデザイン、異なる塗料を使用しながらも違和感のない質感の追求、隙間や段差も可能な限り追いこむ等妥協なき作り込みを実施した。今後も真摯で丁寧なモノづくりにこだわり、長く愛着を持って使ってもらえる製品を世の中へ送りだしたいと考える。

仕様

■本体寸法=約150.7(幅)×116.4(高さ)×75.9(奥行)mm、本体重量=約890g(CIPA準拠、バッテリー・CFカード・SDメモリーカード含)/約800g(本体のみ) ■約3040万画素35mmフルサイズセンサー搭載 ■4K動画対応 ■マグネシウム合金による高剛性ボディー ■GPS、WIFI、NFC搭載

どこで購入できるか、
どこで見られるか

キヤノンオンラインショップ、家電量販店など
キヤノンオンラインショップ|EOS 5D Mark IV

審査委員の評価

カメラとしての基本性能は勿論、質感、グリップ感、操作性等、どれをとってもこのクラスのベンチマークとなる仕上がりである。新たに搭載されたGPS/Wi-Fi/NFC等通信機能は今や上級機種にも必須。その上でやや丸みが強調された全体の印象は、必然的に素材の異なる多くの要素を一つのボディに練り上げたかのような上質なまとまりを感じる。

担当審査委員| 緒方 壽人   片岡 哲   手槌 りか   林 信行   Byung-wook Chin  

ページトップへ