GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

受賞対象名
レンズ交換式デジタルカメラ [ILCE-9]
事業主体名
ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社
分類
音響・映像機器
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
ソニーイメージングプロダクツ&ソ リューションズ株式会社 (東京都)
受賞番号
17G050426
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

世界初のメモリー内蔵型35mmフルサイズ積層型イメージセンサー搭載により新次元のスピード性能を実現し、撮影表現の新たな可能性を切り開くプロフェッショナル向けミラーレス一眼カメラです。この新開発のイメージセンサーにより、AF/AEが追随する約20コマ/秒の高速連写や、ファインダー像の消失をなくしたブラックアウトフリー撮影などを実現。同時に、プロの撮影現場に求められる操作性や信頼性を、小型・軽量ボディに凝縮しました。これまで大型の一眼レフが主流だったスポーツや報道、野生動物などのフィールド撮影において、その革新的な性能と機動力で、撮影領域と表現の可能性を大幅に拡大する一眼カメラです。

プロデューサー

ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ株式会社

ディレクター

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 山田 良憲

デザイナー

ソニー株式会社 クリエイティブセンター

発売
2017年5月
販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

革新的な技術がもたらす新たな撮影体験と、普遍的な操作性の融合

背景

約20コマ/秒の高速連写やサイレント撮影など、センサー技術の革新とミラーレス構造のメリットを最大化することで、これまでに見たことのない瞬間を捉えられるようになりました。たとえば静寂が求められるスポーツシーンでもシャッター音に憚られることなく選手の表情を撮影でき、また音に敏感な野生動物の撮影でも、被写体を驚かすことなく決定的な瞬間をとらえられます。このα9が提供する新しい撮影体験を、大型の一眼レフが主流のプロフェッショナルの世界に届けるため、フィールド撮影の現場で求められる操作性・信頼性を、ミラーレスならではの小型・軽量ボディに融合しました。

デザイナーの想い

圧倒的な連写性能を生かせるように、瞬時にドライブモードやフォーカスモードを切り替えられる上下2段のダイヤルを装備。背面にはAF-ON・AEロックボタンやマルチセレクターを搭載し、メニュー画面上での操作を減らして即時性を高めました。また、大型の一眼レフに慣れた方が違和感なく操作できるよう、ダイヤルやボタンを緻密にレイアウト。レンズマウント部は、固定用のネジを増やすだけでなく、マウント周囲に補強用リブを設けることにより、大型レンズ装着時でも剛性感を損なわずに撮影できます。革新的なデバイスがもたらす新たな撮影体験を、カメラの歴史とともに磨き上げられてきた普遍的な操作性と融合させることで、あらゆる撮影フィールドに持ち出せるミラーレス一眼の新たな形を追求しました。プロフェッショナルの撮影領域と表現の可能性を広げ、これからの写真・映像文化の発展に寄与する一眼カメラです。

仕様

W126.9mm×H95.6mm×D63mm、約673g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

量販店、ソニーストアなど

審査委員の評価

敢えてミラーレスである事のメリットをまた新しい形で示した製品である。世界初のメモリー内蔵型35mmフルサイズ積層型イメージセンサーが提供する異次元の高速シャッター、連写性能は、被写体を常に追い続けられるブラックアウトフリー撮影、無音・無振動のサイレント撮影等、未知の撮影体験を提供し、本機でしか撮れない画像、映像を生み出す。垂直を意識しつつかっちりとした意匠と、操作性を兼ね備えながら小型化されたボディが、α7同様、独自の心地良い凝縮感をフルサイズ機で実現している。

担当審査委員| 緒方 壽人   片岡 哲   手槌 りか   林 信行   Byung-wook Chin  

ページトップへ