GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スマートウォッチ [wena wrist/ WN-WT01S, WN-WC01S]
事業主体名
ソニー株式会社
分類
情報家電/公共用情報機器
受賞企業
ソニー株式会社 (東京都)
受賞番号
17G050375
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「テクノロジーを自然に身につける」をコンセプトに、腕時計のデザインや世界観はそのままに、バンド部にスマートウォッチの機能を集約したハイブリッドスマートウォッチです。日々の持ち物を減らすという観点から、生活に役立つ「電子マネー機能」「歩数などの活動ログ機能」「通知機能」の3つを厳選して搭載しました。さらに、電子マネーの使用や毎日の活動記録をグラフィカルに可視化する専用のスマートフォンアプリを開発。アナログ時計ならではの美しさと、テクノロジーの利便性を融合し、これからのウェアラブルデバイスのひとつの在りかたを提案します。

プロデューサー

ソニー株式会社 新規事業創出部 對馬 哲平

ディレクター

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 菅野 竜太

デザイナー

ソニー株式会社 クリエイティブセンター 森本 壮、中山 寛、浅井 聡、松原 明香

詳細情報

http://wena.jp/index.html

発売
2016年6月
販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

テクノロジーをより自然に身につける

背景

スマートウォッチは私たちの生活を便利にしてくれるものですが、その製品の多くは、文字板がディスプレイとなった、テクノロジーを主張するガジェット感のあるものでした。そのため、スマートウォッチの利便性に興味を持ちながらも、アナログの腕時計に愛着があって手を出せない人も多くいるのではないかと考えました。そこで「もっと自然に身につけられるスマートウォッチ」というコンセプトのもと、人々が使い慣れている腕時計に、スマートウォッチの機能をもたせられないかと考えました。

デザイナーの想い

腕時計としての所有感や文化に敬意を払い、腕時計が好きな人でも違和感なく選べるよう、ヘッド部は従来のアナログ時計のまま、バンド部にスマートウォッチの電子部品や機能を入れ込みました。ソニーの特許技術を駆使し、バンド1ピースごとに電子部品を分散配置するとともに、2種類の長さのピースで構成することで、シンプルで美しいデザインと腕になじむ機能性を両立。素材には、高級腕時計で多く使われるステンレス素材SUS316を採用するなど、上質感に徹底してこだわりました。専用のスマートフォンアプリのUIでは、腕時計を感じさせるデザインを追求。文字板をモチーフにし設定メニューで直感的に選べるようにしたり、1日の電子マネーの使用や活動記録を円環状のグラフにするなど、wena wristの所有感を高めるためアプリ自体にも愛着がわくような工夫を重ねました。

仕様

(クロノ)ケースサイズ42mm×厚み11.45mm バンド幅22mm (クロノケース)73.3g(バンド)75.8g

どこで購入できるか、
どこで見られるか

量販店、ソニーストアなど

審査委員の評価

腕時計のバンド部に「電子マネー」「活動ログ」「通知」という機能を集約したスマートウォッチである。最先端のテクノロジーが高度に凝縮されているがそれを主張しすぎず、精緻なアナログ時計としての美しさとテクノロジーの利便性がうまく融合され、ウェアラブルデバイスのひとつのあるべき姿を示している。社内の新規事業創出プログラムやクラウドファンディングを通じて製品化に至った開発プロセスも今後のデザインプロセスのあり方を示唆する事例として注目に値する。

担当審査委員| 緒方 壽人   片岡 哲   手槌 りか   林 信行   Byung-wook Chin  

ページトップへ