GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
ウォールクロック [fun pun clock/ ふんぷんくろっく]
事業主体名
株式会社タカタレムノス
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
株式会社タカタレムノス (富山県)
Design life with kids interior workshop (東京都)
受賞番号
17G030170
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

母親の視点で、時計に興味をもった幼児が読みたくなる仕掛けをほどこしたアナログ時計です。モンテッソーリ教育専門家のアドバイスによる子どもの理解の進み方や認識方法を参考に、開発段階で試作を幼稚園に持ちこみ改良を重ねました。細かいものを整列させることや、言葉遊びに夢中になる幼児特有の興味に訴える「刻むように絶えず動く赤い秒針」が、60個で1周する「点」を指しながら動くと、分針が1分進む事を目で確認できるのが理解の入り口。スリットと四角形の赤い先端は、「1は5ふん(fun)。2は10ぷん(pun)」と12進法と60進法を関連づけ、「ふん」と「ぷん」と交互に変化する単位を商品名にしました。

プロデューサー

株式会社タカタレムノス  高田 博

ディレクター

Design life with kids interior workshop 土橋 陽子

デザイナー

Design life with kids interior workshop 土橋 陽子

詳細情報

http://www.lemnos.jp

発売
2014年10月
価格

8,000 ~ 12,000円 (φ305:8,000円 、 φ354:12,000円(税別))

販売地域

国内・海外共通仕様

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

時計の読めない子には読みたくなる仕掛けが沢山あり、読める人には愛嬌を感じて語りたくなるデザインの時計

背景

デザイナー自身が主催する親子インテリアワークショップで、「子どもにとっても読みやすい時計」を探し求め、頭に描いていた時計が世の中に無いことに気がついたのがきっかけです。頭に描いていたイメージは、就学前の子どもをもつ母親達にはなじみ深いもので、普通の壁掛け時計の外側に60進法の読み方を紙やマスキングテープ等で補助的に書き加えたものでした。そのような補助をする際に、子どもが読みたくなるように数字を一緒に書いたり、好きな色の画用紙に書いたりするように、各家庭で会話をしながら時間感覚について学んでいけるような時計を作りたいという思いからデザインしました。解決の糸口として、デザイナー自身の子どもを通わせていたモンテッソーリ教育にヒントを得て、試作を幼稚園に持ち込み、時計を読める子と読めない子の会話のヒアリングや専門家のアドバイスをうけて改良を重ねました。

デザイナーの想い

慌ただしい毎日の中で、親子の過ごす時間に笑顔が増えることが目的です。行動と時間と時刻を関連づけて理解を深める過程で、小さな成長を一緒に喜びながら時計を囲めば日常の風景は少しずつ変わります。例えば朝のお支度で靴下を履くのに「昨日は長い針が4のところから5の手前までかかったけど、今日は3分で履けたね!」等。自分でやりたい子どもと、時刻通りに行動したい親御さんの両方の気持ちに寄り添うデザインを目指しました。創意工夫したポイントは、幼児が感覚的に時を理解できる文字盤デザインと針のバランスです。幼児が時計を読めるようになる過程をモンテッソーリ専門家に提示してもらい、時計についての知識はレムノス高田社長の講義と資料、私の図面を元に開発担当者が制作してくれる試作を通して具体的に学び、カタチに落とし込みました。未来の定番品としてこれからも長く愛さる商品に育てたいです。

仕様

Mサイズ:φ305×d48 mm、725g、プライウッド・ガラス、ステップセコンド   Lサイズ:φ354×d48 mm、970g、プライウッド・ガラス、ステップセコンド

どこで購入できるか、
どこで見られるか

タカタレムノス東京ショールーム、イデー各店、アクタス各店、ロフト各店、
TAKATA Lemnos Online Store
greeniche Online Store
ロゴデザイン—色エンピツってどこにあるの?

審査委員の評価

子供の理解の仕方や認識力をベースに、デザインの細部に至るまで、子供が自分の力で「時」を理解し、時計を読みたくなるような自主性を育む工夫で構成されている。理解の中心となる秒針を赤くし、書体はもとより文字の大きさや間隔までも子供にとっての読みやすさ、判別しやすさの検証に基づいている。類似品が多い中、開発者の想いと努力により確実な成果を上げている教育効果の高いデザインである。

担当審査委員| 柳原 照弘   池田 美奈子   松本 博子   みやけ かずしげ   Andrew Pang   Hui ming Tong  

ページトップへ