GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2017

GOOD DESIGN|グッドデザイン・ベスト100

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
テレビリモコン [Panasonic レッツ・リモコンAD、ST PN-L90102, PN-L90101]
事業主体名
パナソニックエイジフリー株式会社
分類
生活・日用品、雑貨
受賞企業
パナソニック株式会社 (大阪府)
受賞番号
17G030160
受賞概要
2017年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「レッツ・リモコンAD/ST」は手指が自由に使えない上肢障がい者や介護度の高い方のためのテレビリモコンです。「誰かにお願いすることなく自分でテレビを操作したい」という声からこの商品は生まれました。特に要望の多かった「テレビを見る」ための機能にしぼりこむことで、こぶしでも押せる大きなボタンを実現しました。高齢の方にも認識しやすい色を使うことで操作の補助となり、音と光のフィードバックやボタンまわりの凹凸を工夫し目や耳に不自由がある方でも操作することができます。また、ボタンが押せない場合には補助入力装置も接続できます。テレビを楽しみにしている方により気軽に楽しんでほしい、そんな思いを込めた商品です。

プロデューサー

パナソニック エイジフリー株式会社 ケアプロダクツ事業部 斉藤 裕之

ディレクター

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター 北川 景一

デザイナー

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 デザインセンター 下畦 聡司/パナソニック エイジフリー株式会社 ケアプロダクツ事業部 松尾 光晴

詳細情報

https://sumai.panasonic.jp/agefree/products/communication/letsremocon/

発売
2016年11月11日
価格

5,800 ~ 10,000円 (税抜)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

テレビを楽しみにしているより多くの方に、気軽に楽しんでほしいという思いを込めたリモコン。

背景

高齢の方でテレビを楽しみにされている方は多い。しかし、地デジ化にともないテレビが高機能化しリモコンを難しいと感じる方が増えてきている。当社ではユニバーサルデザインの取り組みの一つとして、テレビに付属するリモコンの操作性向上につとめてきた。また、ボタンが多すぎて使いにくいというお声に対しては、機能を単純化したリモコンを開発し、必要に応じて選んでいただけるよう品揃えもしてきた。しかしながら、福祉機器開発の経験から、それらのリモコンでも操作に不自由を感じ、見たい番組があっても我慢している方がいらっしゃることが分かってきた。そういった方々にとって使いやすいリモコンを福祉機器のノウハウを生かして開発したのがこの商品である。他のリモコンも含めたラインナップから、各々の方が自分の使いやすいタイプを選んでいただけるよう品揃えをすることも、ユニバーサルデザイン実現の一つの方法であると考えている。

デザイナーの想い

ボタンの押しやすさに加え、文字、色、形、音という複数の手段で情報を伝えることで使えるユーザー層を広げることを目指した。ヒヤリングや試作による評価をもとに、機能を「電源、チャンネル、音量、放送切替」のみにしぼり込み、ボタン間隔を広げて押しやすくした。高齢の方が暗い場所でも判別しやすく色名を想起しやすい色を採用。指の感覚でリモコンの上下やボタンの識別ができるよう凹凸に変化を付け、またボタンによって異なる音階の電子音が鳴る。さらに補助入力装置を接続できるADでは、当社の意思伝達装置で実績のあるオートスキャン方式(ボタンの上のLEDが順送りで点灯。操作したい機能のボタン上で止めて選ぶ)によって身体にわずかでも動く部位があればテレビを操作できる。「機能のしぼり込み。複数の手段による表示。選べる入力方法」というこの商品で実現した手法を活用し、高齢者や障がいのある方が快適に使える機器を増やしていきたい。

仕様

外寸 H46×W174×D29mm(突起部を除く) 重さ AD:約140g ST:約130g (単三乾電池2本を含む)

審査委員の評価

手指が不自由な利用者に寄り添った優しさに満ちたデザインである。テレビを操作するという目的を達成するために、ボタンの形状や大きさ、カラーリング、操作音などを徹底的に検討し、さまざまなレベルの身体機能を駆使して操作できるいくつもの可能性を提供している。障がいの有無にかかわらず、自分のことは自分でしたいという、人間の根本的なニーズに真剣に向き合った、人間中心のデザインが素晴らしい。

担当審査委員| 柳原 照弘   池田 美奈子   松本 博子   みやけ かずしげ   Andrew Pang   Hui ming Tong  

ページトップへ