GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
住宅展示場 [高岡の家 若葉展示場]
事業主体名
株式会社ミヤワキ建設
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
株式会社ミヤワキ建設 (富山県)
受賞番号
16G151183
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地域の子育て世代とそれを支えることができる人たちを「つなぐ」ことができるように住宅展示場を活用しています。味噌づくりや野菜の収穫体験など子育て家族が気軽にお手伝い・体験ができるようなイベントを開催したりしています。運営は過去に家を建ててくださったお客様のママさん方が主体的に動いており、また数十年前に家を建ててくださったオーナーさんが積極的に講師役として参加してくださっています。こういったイベントを約6年間、約170回ほど続けて、地域を「つなぐ」場所と仕組みをデザインしています。

プロデューサー

宮脇悦夫 株式会社ミヤワキ建設 代表取締役

ディレクター

宮脇友基 株式会社ミヤワキ建設 企画・広報

デザイナー

宮本伸吾 株式会社ミヤワキ建設 企画・広報

宮脇友基

詳細情報

http://www.miyawakihome.com/exhibition/wakaba.html

利用開始
2010年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

富山県高岡市立野字高池358−2

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

住宅展示場を活用して地域内の世代間コミュニケーションを活性化する取り組み

背景

1人の社員の一言がきっかけでした。6年前、初めての子育て中の奥様は自宅で子供と二人きりで過ごす時間が多かったです。元々活発なタイプの奥様は自宅の中にずっといることがストレス。その様子を感じた社員が展示場をママ友で使えないか、と社長に聞いてみたのが始まりです。奥様の口コミから始まった取り組みは、幸いなことにママ友グループの中でも良質なネットワークであったこともあり、いままで続いています。

デザイナーの想い

もしも自分に子供がいたならば、たくさんの人との関わりの中で育ってほしい。僕と妻と、二人だけの世界観だけではなく、両親にも子育てに関わってもらい、いわゆるおばあちゃんの知恵袋をしっかりと伝えてほしいし、孫守りをする好々爺の表情をする父の顔も見てみたい。学校帰りには農作業をしている地域の人と挨拶を交わしながら皆さんに自分の子供を見守っていてもらいたい。単純だけれども、そういった想いが根底にあります。

企画・開発の意義

地域の子育て世代に対して、気軽に安心・安全な食育や農業体験を経験できる場所を提供すること。またそれを支えることができる時間やスキル、情熱を持っている方に対してその場を提供すること。それによって、地域につながりを生み出し地域の活性化を期待してます。また、その活動から展示場の認知度が口コミで上がることを期待しています。

創意工夫

子育て世代への広報活動として、地域の保育園・幼稚園の先生方を巻き込んで月に一度の広報活動を実施。未満児のママさんに対しては展示場をフリーに開放しているママさん倶楽部を通じて活動内容をお伝えしています。また子育て世代が気軽に来場しやすいように居心地の良い自然素材を使った展示場を使用しています。無垢材の杉を使用した建物のため、真冬でも赤ちゃんがハイハイをしていても冷たく感じないような床になっています。また過去に新築してくださったお客様が主体的に企画から運営まで携わってもらえる仕組みを整え、社内の業務負担がかからないようになっているため6年間、約170回(約2週間に1度の頻度)の取り組みを続けることができています。ユニークな点として、独身男女を「つなぐ」として婚活バーティーも実施しています。これは、いま現在の地域をつなぐ活動としてだけではなく、将来の地域を作っていくという観点から行っています。

仕様

富山県産材の杉無垢材、国産檜無垢材、国産和紙を使用した木造住宅 延べ床38.55坪

どこで購入できるか、
どこで見られるか

富山県高岡市立野字高池358−2
ミヤワキホーム
高岡の家 若葉
イベント・新着情報

審査委員の評価

住宅展示場が公民館化している点が興味深い。公民館として日々活用されている空間がどう変容していくのかを、遅れて住宅展示場を見学しに来た人たちも体感することができる。「こどもがおもちゃで遊びまくってもこれくらいの傷しか付きません」などの視点は、住宅展示場を見学する人にとってリアリティのあるものになるだろう。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   岩佐 十良   藤崎 圭一郎   並河 進   山崎 亮  

ページトップへ