GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
複合型体験施設 [MORIUMIUS]
事業主体名
公益社団法人MORIUMIUS
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
公益社団法人MORIUMIUS (宮城県)
受賞番号
16G151177
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

自然とそこで暮らす人から学ぶ施設として2015年7月にオープン。「森と、海と、明日へ。こどもと町の未来をみんなでつくる」ことを目指し、サステナブルに生きる力を育む体験プログラムを通年提供している。東日本大震災により町の8割が壊滅した宮城県石巻市雄勝町の高台に残る築93年前の廃校再利用し、朽ちた柱は家曳き職人や隈研吾氏などのプロフェショナルによって再生。 地元のこどもや国内、海外のこどもが集まり、震災を経験するもたくましく生きる住民や世界から集まるプロフェショナルとの交流が育まれている

プロデューサー

MORIUMIUS 油井元太郎

ディレクター

MORIUMIUS 北本英光+ドライブディレクション 後藤国弘+ソイルデザイン 四井真治

デザイナー

隈研吾+手塚貴晴+オンデザインパートナーズ 西田司+棟方デザイン事務所 棟方則和

詳細情報

http://moriumius.jp

利用開始
2015年7月18日
価格

6,800 ~ 130,000円 (1泊〜最大7泊の宿泊費及びプログラム参加費)

販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

宮城県石巻市雄勝町

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

自然を感じ木造校舎を生かすデザイン。木質バイオマスや生活排水を再利用しプログラムも自然の循環を意識

背景

震災をきっかけに宮城県の沿岸部で炊き出しなどのボランティアをはじめたことがきっかけに、津波により流され移転した雄勝中学校の生徒を応援。生徒や保護者とのご縁から廃校と巡り会い、学びと交流の場として再生させることを決意し2013年より5,000人ものボランティアと地域住民により宿泊施設に修復・改装させた。自然と共に生きる力を育む機会と地域の活性・新生を実現させるために沢山の人の思いにより設立されました

デザイナーの想い

日本の地域の自然や文化、人の暮らしこそが資源であり、次世代にとっての学びのコンテンツであることを国内外の交流人口から地域住民が気づき、長く受け入れる仕組みをつくる。定住人口ではない、交流者や世界中から思う、伝える、購買する人口を増やしつながりを続けてゆくこと。

企画・開発の意義

1. サステナブルラーニング:里山・里海環境における「農家の暮らし」の現代版を提供することで資源の枯渇・天候悪化・自然災害増加の時代を生きるこども達がサステナブルに生きる力を身につける。 2. 人とのつながりから育まれる地域:定住人口よりも交流人口や第2のふるさとのように思い、通い、情報を発信し、購買する人を増やし保ち続ける

創意工夫

1. 人が自然の中で暮らすことで自然がより豊かになる概念をハード・ソフトに注入。 2. 人の手を入れプロセスから巻き込む。それぞれの知恵をふんだんに導入することで豊かな学び場をつくり、つくり続ける。 3. 隈研吾氏など建築や海外のアーティストなどのプロフェッショナル、レッジョエミリアやハーバード大、スタンフォード大など海外の教育機関、国内のプロボノからのインプット。 4. 様々なプロフェッショナルを巻き込み多様な学びの環境をつくる。 5. 12ヶ月連続12のクラウドファンディングを達成することで全国にファンをつくり、つながりをつくった。 6. 東京と関西で定期的にイベントを開催し、雄勝を訪れた人や興味がある人を巻き込むきっかけをつくる。

仕様

1923年に設立された木造1階建て校舎。屋根は雄勝現象石を使ったスレート屋根。面積982m2

どこで購入できるか、
どこで見られるか

宮城県石巻市雄勝町
MORIUMIUS オフィシャルサイト
MORIUMIUS Facebookページ

審査委員の評価

自然と共に暮らすことを主眼に置いた丁寧なプログラムづくりがなされていることを評価した。廃校となった小学校の木造校舎をリノベーションして宿泊施設とすることで、その土地で育まれた人々の記憶と寄り添いながら、子どもたちは寝食を共にして、海で魚介類を捕ったり、森で木を伐採し薪割りしたり、自炊をし、自然と寄り添う暮らし方を体験する。一般の林間学校の単純な自然体験とは違う、未来の暮らし方について子どもたちのみならず社会人も問題意識を芽生えさせるきっかけになる全体に質の高いプログラムが展開されている。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   岩佐 十良   藤崎 圭一郎   並河 進   山崎 亮  

ページトップへ