GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
高知県佐川町流ソーシャルデザイン [みんなでつくる総合計画]
事業主体名
特定非営利活動法人イシュープラスデザイン
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
高知県 佐川町 (高知県)
特定非営利活動法人イシュープラスデザイン (東京都)
hakuhodo i+d (東京都)
受賞番号
16G151163
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

地方自治体が長期的なまちづくりの方針や将来像、その実現の手段などを総合的、体系的に示す「総合計画」は、10年間のまちづくりの大事な指針であるにもかからず、どの地域も似た内容のものが多く、その地域に住まう住民や、行政職員に、積極的には読まれない、活用されないという課題がありました。平成26年度より、高知県佐川町では「みんなでつくる総合計画」プロジェクトと称し、町長、役場職員、地域住民が手を取り合って、町の魅力を再発掘し、10年後の佐川町について議論を重ね、みんなが一丸となって誇りに思える総合計画づくりに取り組んできました。住民一人ひとり、「みんなが主役」の新しいまちづくりプロジェクトです。

プロデューサー

高知県佐川町 町長 堀見和道+issue+design 代表 筧裕介

ディレクター

佐川町役場 片岡雄司、廣田春秋、田村浩志+issue+design 白木彩智

デザイナー

水内智英+仲村健太郎+MUESM 多田智美、永江大

詳細情報

http://teamsakawa.jp/

発売
2016年4月
価格

2,376円

販売地域

日本国内向け

設置場所

全国の書店、またはWEB書店にて

仕様

単行本(ソフトカバー): 168ページ 出版社: 学芸出版社 (2016/4/6) 言語: 日本語 ISBN-10: 4761526211 ISBN-13: 978-4761526214 発売日: 2016/4/6 商品パッケージの寸法: 24.2 x 18.2 x 1.8 cm

受賞対象の詳細

背景

総合計画とは10年に一度策定するまちの未来像とその実現のための行動計画です。全国各地の地方自治体には解決すべき課題が山積みです。こうした課題を解決するためには、住民一人ひとりがまちづくりを「じぶんごと」としてとらえ、自分ができることに主体的に取り組むことが大切です。そんな住民一人ひとりが行動した先にある地域の未来像を具体的に描き、行動を後押しすることが「総合計画」の役割なのだと私たちは考えました。

デザインコンセプト

「住民一人ひとりの想いや行動を結集し、”わたしたちのまち・さかわ”をつくる(チームさかわ)」

企画・開発の意義

「チームさかわ」のメンバーである住民と役場職員がこれから10年間何度も読み返し、確認し、時には進路を修正するために用いる、佐川町まちづくりの羅針盤の役割を果たすため「総合計画の別冊」という位置付けでプロジェクト同名の「みんなでつくる総合計画(学芸出版社)」を出版。プロジェクトの進め方やノウハウなど、全国各地の自治体において、住民一人ひとり「みんなが主役」のまちづくり、が進むきっかけを提供しました。

創意工夫

行政から配布される書類の中には、読まずに捨てられてしまうものも少なくありません。多くの住民に何度も読み返してもらうためには「読みたい。大事にしたい。」と思ってもらうことが必要です。そのため、本のたたずまいはもちろん、言葉や編集、写真、イラストなど一つひとつの情報を丁寧にデザインすることを心がけました。佐川町の総合計画は、役場職員が業務で活用する施策編(総合計画・本冊)と、未来像とアクションを表現し、住民・役場職員ともに活用するビジョン編(総合計画別冊)の2冊に分け、読み手を意識した構成を試みました。特に本書では、一般の人にも読みやすく、興味を持ってもらえる内容を心がけ、書棚に並べてもらい、何度も読み返してもらうことを目指しました。

デザイナーの想い

人は自分の成長を実感できると、しあわせを感じ、行動のモチベーションが高まります。本プロジェクトに関わる人たちが、計画づくりやまちづくりを通じ、データを読み込み論理的に分析する力や、仮説をつくりアイデアを発想する力、ワークショップを進行する力、まちの未来像を言葉やビジュアルで表現する力、といったスキルを学び、身につける機会を提供することで、「ともに成長できるプロセスの設計」を心がけました。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

全国の書店、またはAmazon等WEB書店にて
チームさかわ まじめに、おもしろい365日
みんなの総合計画づくり
Community Travel Guide「佐川人」

審査委員の評価

すべての地方自治体が作成する、長期間の地域づくり基本計画、それが「総合計画」。長期間の方針を決めるがゆえに、住民の意思が尊重されるべきものだが、実際には自分の町の総合計画を知っている人は少ないはずだ。高知県佐川町では18回の住民ワークショップを行い、そこから生まれた457のアイデアを25の町の未来に落とし込んだ。「みんなでつくった」ことはもちろん、住民が手に取りやすく、わかりやすい本にまとめた点も高く評価した。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   岩佐 十良   藤崎 圭一郎   並河 進   山崎 亮  

ページトップへ