GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
サマースクール(合宿型教育プログラム) [HLAB]
事業主体名
一般社団法人HLAB
分類
教育・推進・支援手法
受賞企業
一般社団法人HLAB (東京都)
受賞番号
16G151144
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

21世紀を迎え、授業を通じて先生が生徒を教える従来の教育のあり方は、寮やコミュニティでの共同生活の中で互いから学ぶ、リベラル・アーツのモデルへと大きく変容しています。HLABの根底にあるのは、ピア・メンターシップの考え方。身近なお兄さん・お姉さんや多様な同期から学び、共に進路を検討する教育環境です。高校生、大学生、社会人の参加者が、国境や世代を越えて互いから学び、刺激を受け、ロールモデルやライバルとして一生涯の関係を築く。HLABは、そんなリベラル・アーツ教育の寮生活の環境をサマースクールの形式で提供し、多様な選択肢と将来の不確実性が混在する現代における、教育や進路指導のあり方を提唱します。

プロデューサー

HLAB 小林亮介+政策研究大学院大学 黒川清+ハーバード・ビジネス・スクール 竹内弘高+アゴス・ジャパン 横山匡

ディレクター

HLAB 千葉馨、谷口優太、高田修太、河合道雄、大宮透+フラッグシップ合同会社 神馬光滋+伊納達也+全世界の大学生から構成される国際チーム

デザイナー

HLAB 林剛弘、河波共宏、神野真実、櫻井直輝

詳細情報

http://h-lab.co/

発足
2011年2月
販売地域

国内・海外共通仕様

設置場所

本郷・六本木(東京都)、小布施町(長野県)、牟岐町(徳島県)、女川町(宮城県)

仕様

HLABは、2011年より毎夏に2週間程度泊まりこみで、国内外の高校生、大学生、社会人が集い、互いから学ぶ、「リベラル・アーツ」をテーマとしたサマースクール。東京、小布施(長野)、牟岐(徳島)、女川(東北)の4都市で開催。毎年世界中から計540名程度の多様な参加者が集う。高校生240名、ハーバードや東大をはじめ国内外の20カ国100大学超からメンターが200名、社会人ゲスト等100名が参加。

受賞対象の詳細

背景

日本では、家庭や学校などの環境によって、自らの可能性(進学やキャリアのオプション)が自然と規定されがちです。多様な人たちが、国境、地域、学校、世代を越えて集う「場」を提供し、互いに学び、将来を考える中で、可能性を共に問い、挑戦を助けるのが、ハーバードが提供する寮生活を中心とした「リベラル・アーツ教育」の特徴です。HLABは、この仕組みを日本の高校教育に応用しています。

デザインコンセプト

ボーダーを越えるリベラル・アーツ:多様性と学びの交差点

企画・開発の意義

参加する高校生は、自己を投影できるロールモデルとなりゆる、世界中から集う「少し」歳上の先輩との交流を通じ、自己の関心を深く掘り下げて進路を選択。数年後、今度は大学生として、後輩の高校生のロールモデルとなり還元する。HLABは、こうして国境や世代を越えて繋がる「ピア(=同志)・メンターシップ」のエコシステムを作ることで、従来の進路指導の形を変え、国内外で多様なチャレンジに挑戦する若者を育みます。

創意工夫

「高校生の進路の視野を広げる」という事業の性質上、高校生からお金を取るモデルは門戸を狭め、事業のミッションと逆行しますが、寄付金に頼った運営では継続性が乏しい。そこで、参加する高校生、メンターの国内・海外の大学生、ゲストの社会人、スポンサー企業、自治体や地方のパートナーといった関係者が、全員「受益者」として事業に参画するモデルを作り、コストの削減と継続性の担保を図りました。 例えば、高校生にとって多様なメンター(ロールモデル)と触れ合う本プログラムは、メンターとして海外から参加する大学生にとっては「日本を訪れ、地方都市や次世代に社会的貢献をする」という趣旨のプログラムです。結果として、プロジェクトを参画する構成員がそれぞれ持ち出しで事業を運営し、事業の成功を通じて価値観を発信する、新たな非営利事業のモデルを作りました。(添付資料の図を参照)

デザイナーの想い

大学にしろ、留学にしろ、情報自体はインターネットに溢れている昨今、何かを決断し挑戦するために必要なのは①リアリティを伴う選択肢を見せてくれ、②情報を整理して共有し、③私でも出来るという安心感や闘争心を植え付けてくれる、そんな身近なお兄さん、お姉さんの存在のはず。誰しもが「あの時こうしておけば」という昔の後悔を、次世代につなげる。そんなシンプルなモデルこそ、今進路指導に求められているのではないか。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

本郷・六本木(東京都)、小布施町(長野県)、牟岐町(徳島県)、女川町(宮城県)
HLAB Where Diversity Meets Learning(公式ウェブサイト)
HLAB Summer School(サマースクール概要)
HLAB サマースクールの映像資料

審査委員の評価

国内外の学生や社会人が共同生活を行うサマースクールに参加し、議論し、相互に学びあい、次世代の人材を育成するプロジェクトである。地方の自治体や企業とのつながりもうまく組み込まれている。おそらく参加者にとっては、そこでの濃密な経験はもちろん、築かれた国際的な人のネットワークが今後の大きな資産となるだろう。これは2011年から開始し、すでに多数の参加者を迎えており、実績も十分であることも高く評価された。

担当審査委員| 五十嵐 太郎   岩佐 十良   藤崎 圭一郎   並河 進   山崎 亮  

ページトップへ