GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
自動販売機 [ご当地自動販売機 『フリーポン』]
事業主体名
株式会社オートスナック
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
株式会社オートスナック (栃木県)
PNCネットワークサポート株式会社 (栃木県)
株式会社スキット (栃木県)
晃南印刷株式会社 (栃木県)
受賞番号
16G131076
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「地元の頑張っている商店や飲食店を元気にする為に、自動販売機のいつでも・どこでも・だれでも利用できるユビキタス的な特性を活かした、面白くて地域の人々に便利・喜び・感動を与えるサービスを提供したい!」と言う、我々の強い思いからこのサービスが生まれました。 『フリーポン』とは、自動販売機で飲料を購入すると、広告付きのクーポンが発券される全国初の情報配信サービスです。 地域の商店は僅かな費用負担で、クーポン券への広告の掲載と自動販売機に搭載の液晶ディスプレイによる動画CMの配信を行う事ができます。 消費者は飲料を買うと発行されるクーポン券を参加店に提示するだけで、特別なサービスを受ける事が出来ます。

プロデューサー

株式会社オートスナック 三品 浩文+PNCネットワークサポート株式会社 指 弘一

ディレクター

株式会社スキット 野田 和巳+サンデン・リテールシステム株式会社 山本 信一

デザイナー

K◯izumi W◯rkshop 小泉 真二+晃南印刷株式会社 若林 康仁

端末とロゴのデザインを担当した小泉真二氏の顔写真

詳細情報

http://www.freepon.co.jp/

発売
2016年4月29日
価格

360,000円 (端末稼働時に通信費・クラウド利用料・システム管理費・コンテンツ制作費が別途必要です。自動販売機本体は価格に含まれませんが私共で手配し無償貸与致します。)

販売地域

国内・海外共通仕様

仕様

【機能】クーポン発券・動画再生・オーディオ再生・WiFi・3Gモバイル通信・クラウド連携リモート制御 【ハードウエア】CPU ARM Cortex-A9 メモリ DDR3 SDRAM-512MB フラッシュメモリ 128Mb モニター表示部…7インチTFTモニター 最大輝度1000cd/㎡ 3Gモジュール…MC8090 【ソフトウエア】  LINUXカーネル…Linux3.x

受賞対象の詳細

背景

・飲料の提供しかできない自動販売機に、新たな価値を持たせて消費者に喜んでもらいたい当社(㈱オートスナック) ・衰退する地域の商店街を元気にして、地域の産業を活性化したい鹿沼商工会議所 ・ITを活用し、面白い事で地域を盛り上げたいPNCネットワークサポート㈱ この三者の目的・課題・ビジョンが結びつき「ご当地自動販売機『フリーポン』」が生まれました。

デザインコンセプト

地元の優れた商品や企業を地域の消費者と結びつけることで、「ものとサービスの地産地消促進」を目指す。

企画・開発の意義

独自の「きらり」と光る”ウリ”を持っていながら、地域にアピールできずに日の目を見ない商品・サービスを発掘し、地域の消費者に知らせ結びつけることで、地域の活性化に繋げる。

創意工夫

・フリーポン端末に通信機能を持たせ、インターネット経由でリアルタイムに集中管理するシステムを開発した。 ・各種設定や再生コンテツを地域、自動販売機毎に柔軟に設定する事を可能とした。 これまでは、用紙切れ等によりクーポンが発券されずお客様にお叱りを受けたり、コンテンツの入替えに数十カ所以上の設置先を数日かけて回る必要があり、有効期限切れのクーポンを発券してしまう様な問題もあった。今後は設置場所に行かなくても、広告主の要望に応じてリアルタイムに新鮮なコンテンツの配信が行えるとともに、トラブルの早期対応と現地作業の大幅な削減が可能となった。

デザイナーの想い

高齢者や子供にも優しいITサービスは、当事業の目的のひとつである。情報発信の方法がデジタル化される中、フリーポンは敢えて「紙のクーポン」に拘った。それは、モバイルやインターネットを利用できない高齢者や子供も重要な地域の一員であるからである。お年寄りがクーポンを取得し、それを家族に渡し、お孫さんがクーポンを利用する。この様にフリーポンをきっかけに、家族や地元の輪が広がっていく事で地域に貢献したい。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

道の駅しもつけ(栃木県下野市薬師寺3720−1)にご当地自動販売機フリーポンが3台設置されています。
『フリーポン』が設置されている「道の駅しもつけ」のウェブサイト
今後『フリーポン』の設置先は下記のウェブサイトで順次公開致します。

審査委員の評価

自動販売機を地域活性化のためのツールとして位置付け、実際に地産地消を促進させている点が評価された。自動販売機で商品を購入すると、その場で地元のクーポンが発行されるという明快なサービスで、子供から高齢者までが使えるように、あえて紙のクーポンを使用。ふと自動販売機に立ち寄った購買者が、お店の中に入って気軽にもう一つ買い物をしていくという流れを作り出している。こうした偶然性の高い顧客とお店のマッチングは、これまでにないダイナミックな地産地消につながる可能性を秘めている。また、独自の技術を用いることで、端末を様々な自動販売機へ取り付けられ、導入コストを抑えている点も良い。なお、端末はクラウドと接続されてリアルタイム管理されるため、自動販売機同士がネットワークを介して連携することも可能となっており、今後多様な活用が考えられる。

担当審査委員| 鹿野 護   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   マシュー・フォレスト  

ページトップへ