GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン特別賞[未来づくり]

受賞対象名
キッズリー [キッズリー]
事業主体名
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
分類
ソーシャルプラットフォーム
受賞企業
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ (東京都)
受賞番号
16G131047
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

kidsly(キッズリー)は、保育現場にICTを取り入れることで、保育に関わる様々な業務を支援しながら、保育園と保護者のコミュニケーションを深めるサービスです。忙しい毎日のなかでも手軽に連絡帳、登降園管理、写真共有、個別連絡などができ、キッズリーならではの柔らかなコミュニケーションで、子どもを中心とした保育園と保護者の相互の関係に、これまで以上の強い信頼感や共感が生まれていくことを目指しています。また、年代やIT知識等を問わずどなたでもご利用頂けるように、シンプルで簡単なUIを実現しました。遠くに住む祖父母の方々も孫の様子を毎日知ることが可能となります。保育士の業務負荷軽減にも寄与しました。

プロデューサー

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 事業開発部 事業開発グループ 森脇潤一

ディレクター

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 川岸滋也、大西未以子、川畑雄補+株式会社リクルートコミュニケーションズ 小川望

デザイナー

ワヴデザイン株式会社 中村和貴、浅田 幸三+株式会社リクルートコミュニケーションズ 萩原幸也、林田由美+株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 合田祥世

詳細情報

https://kidsly.jp/index.html

発売
2016年3月
価格

0円 (無料でご利用頂けます。)

販売地域

日本国内向け

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

保育園と家族が今よりもっとつながることで、子育てがもっと豊かに楽しくなるデザインをめざしました。

背景

大切な子どもの情報でさえも夫婦間で細かく共有するのが難しい社会であることに課題を持ちました。保育園には子どもの日常や記録が存在しますが、ノートや紙などアナログ管理のため、多くの方々に情報を瞬時に伝達することが困難を極めておりました。しかし、デジタル情報でシェアすることが出来れば、多くの方々が幸せを感じとり、子育てがより豊かに楽しく、子どもの幸せにも繋がると考え、サービス開発に至りました。

デザイナーの想い

保育現場ならではの優しいコミュニケーションを意識し、アイコンやビジュアルを多用する事で、祖父母世代にも手軽に直感的な操作ができるUIを目指しました。デザイン全体をシンプルで幼すぎないトーンにすることでママだけでなくパパも育児に参加できるように配慮しています。ロゴは、キリンの親子をモチーフにしており、群れの大人達が交代で子育てするキリンのように子どもの成長をみんなで見守りたいという思いを込めてます。

企画・開発の意義

保育士の事務・管理業務の効率化や、子どもたちの成長をどう見守り共有していくかが模索されている現状において、保育園にICTを取り入れ、保育士と保護者のコミュニケーションをサポートするサービスを企画・開発しました。保育士と保護者が、忙しい毎日のなかでもスマートデバイスを使って手軽に情報を共有しあうことで、子どもを中心とした相互の関係に、これまで以上の強い信頼感や共感が生まれていくことを目指しています。

創意工夫

『保育士と家族のコニュニケーションが深まれば子育てはもっと豊かになる。』 そんな想いから、kidslyは生まれました。 ◯機能: 家族全員で子どもを見守る事ができるように、 園内での様子を写真で共有できるクローズドなSNS機能があります。 また、保育士と保護者のコミュニケーションがよりスムーズに行えるよう、 「スタンプ」や「写真添付」を使用してのメッセージが可能で、 緊急時には複数登録してある保護者の連絡先に素早く連絡できます。 ◯デザイン: 保育園に送られてくる園児の情報が一目で理解できるよう、 「連絡帳」にアイコンを使用してグラフィカルに表示。 園児の出欠を一覧表示したり、登録した「子ども」や「クラス」に 個別のカラー設定をする事で、誰もがわかりやすく、 管理しやすいデザインを目指しました。

仕様

推奨端末:スマートフォン、タブレット(iOS/andloid対応)、ブラウザPC

どこで購入できるか、
どこで見られるか

WEB
kidsly キッズリー

審査委員の評価

保育業界の抱える課題の解決につながる素晴らしいデザインである。ICTを活用し業務の効率化により保育士の負担を軽減するとともに、保護者との間のコミュニケーションを深まる保育園にとっても保護者にとっても待望のサービスと言える。今後の普及に期待をしたい。

担当審査委員| 鹿野 護   石戸 奈々子   ドミニク・チェン   マシュー・フォレスト  

ページトップへ