GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
商店街ポスター展 [商店街ポスター展]
事業主体名
株式会社電通 関西支社
分類
地域・コミュニティづくり/社会貢献活動
受賞企業
株式会社電通 関西支社 (大阪府)
受賞番号
16G121034
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

『商店街ポスター展』とは商店街各店舗のポスターを制作し、それを商店街のアーケード中に展示するというもの。約200種類ものユニークなポスターが掲出され、商店街はまるでギャラリーのようになる。ポスターそれぞれがおもしろいこと、ポスターのすぐ側にモデルとなった商店主がいるというおもしろい展示のされ方から、テレビなどで取り上げられて大きな話題となった。商店主、制作者、来客者、そして地域がハッピーになる仕組みである。

プロデューサー

電通関西支社 マーケティング・クリエーティブセンター 餅原聖、日下慶太

ディレクター

電通関西支社 マーケティング・クリエーティブセンター 日下慶太

デザイナー

電通関西支社 市野護、川村志穂、松長大輔、河野愛、中尾香那 、瀧上陽一、茗荷恭平、井上信也、山田祐基、勝村秀樹、小路翼、大原漢太郎+電通クリエーティブX関西支社 烏野亮一+すばらしい日々 早藤大輔

ポスターを制作したデザイナーとコピーライターと店主

詳細情報

http://www.osaka.cci.or.jp/nigiwai/postar/

掲出開始
2012年11月23日
販売地域

日本国内向け

設置場所

大阪市浪速区新世界市場 阿倍野区文の里商店街 伊丹市西台地区 宮城県女川町 福井県大野市 ほか

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

おもしろく、社会によく、自分によい。

背景

広告デザインにおいて自身2つの問題意識を持っていた。①広告デザインの供給が企業に偏り、社会に行き届いていない。社会にデザインの力を供給すれば、もっと社会はよくなる。②広告制作の現場ではあまりに制約が多く、度重なるプレゼンと確認作業で広告制作者たちが疲弊している。表現だけではなくプロセスをクリエーティブにしなければクリエーティブなものは生まれない。以上の問題意識が商店街ポスター展を生んだ。

デザイナーの想い

1.デザイナーはその力を企業だけではなくもっと社会に還元すること。社会をよくする力をデザイナーは持っている。2.制作者に自由に任せることで制作物のクオリティがとてもあがること。つまり、制作者を信じ、すべてを任せればうまくいくとクライアントに理解してほしい。

企画・開発の意義

①おもしろいポスターの力で町が元気になるということ。②作られてはすぐに廃棄される大量生産大量消費型のポスターではなく1点しかないポスターをずっと残しておくということ。新世界市場は4年間掲出されている③広告制作のプロセスをクリエーティブにすると表現がクリエーティブになるということ。制作費もなく、タレントも使用せず、無名の新人がポスターを制作したとしても、大きく話題になるポスターが制作できる。

創意工夫

制作者の自由を担保するために制作者と商店主と次のルールを定めた。1.制作はすべて制作者におまかせすること。2.プレゼン・確認はなし。完成したポスターをそのまま納品すること。3.商店主はたとえ気に入らなかったとしても掲出をすること。また制作者にも次のルールを定めた。4.おもしろいポスターであること。5..そのおもしろさは店に向き合った結果であること。これを商店主と制作者に周知徹底し、ポスターの制作に入った。商店主は不安なので、いくつかの葛藤はあったが、だからこそ制作者は制作に集中でき、質の高いポスターが完成し、世の中で話題になった。

仕様

商店街をギャラリーと見立てて各店舗のポスターを展示する。B2ポスター約200種類をアーケードや地域に掲示する。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

文の里商店街 新世界市場
文の里商店街ポスター展ニュース映像
文の里商店街ポスター展総選挙
商店街ポスター展 Facebookページ

審査委員の評価

とにかく一つ一つのポスターに力があり、かつ商店主への愛情とリスペクトがある。ユーモアあふれるコピーも、度肝を抜くような演出も、無理に作ったり、作らされたりしたものではない。制作者や商店主、地域などお互いの信頼関係の上に成り立つ共同作品だからこそ、4年経った今もポスターを見に、そして商店主たちに会いにやって来る人がいる。デザイナー、商店街の人々、どちらも応援したくなる作品である。

担当審査委員| 齋藤 精一   色部 義昭   喜安 政幸   平林 奈緒美   Ming-Lung Yu  

ページトップへ