GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
歯科患者向け読み物 [はなはなし]
事業主体名
株式会社ミック
分類
宣伝・広告・メディア・コンテンツ
受賞企業
株式会社ミック (東京都)
受賞番号
16G121017
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

歯科医院の待合時に読むための患者向け読み物。様々な著名作家の直筆かつオリジナル原稿を毎号読み切りで提供。内容は歯あるいは歯科医院をテーマとしたエッセイ、ショートストーリー、漫画、詩、など。これを毎月2回、各100枚発行し、申込歯科医院へ月額500円(送料込)で届けるサービス。

プロデューサー

久保田裕介

ディレクター

同上

デザイナー

同上

詳細情報

http://www.mic.jp/hanahanashi/

創刊
2015年11月1日
価格

500円 (月2回発行の送料を含めた月額)

販売地域

日本国内向け

設置場所

申込のあった歯科医院

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

もらって嬉しい、読んで楽しい、あの人にあげたい。

背景

歯科治療は苦痛を伴う強いイメージがあるなかで、患者にとって待合時間は高い緊張状態に置かれる場合が少なくない。歯科医院にとっても、患者の緊張を取り除くことや、患者が歯に対して興味を持ち、口腔ケアについての意識を高めてほしいというニーズがある。歯科業界にある当社でこれらの課題に対して何かできないかと考えた時、患者にとって歯科医院という場を楽しんでもらう一助となれるよう専用のオリジナル読み物を考案した。

デザイナーの想い

歯科医院の待ち時間という本当にちょっとした時間にこういうものがあったらきっと嬉しいな、その日1日の価値が少しだけ増すなあと自分自身が思うものを作りました。しかしあくまで原稿が主役であるため、原稿というコンテンツをとにかく邪魔しない、引き立てるものであることを前提に、コンセプトに沿ってデザインしました。

企画・開発の意義

社会における様々な価値提供が急速に多様化し、デジタル化するなかで、あえて手触りのある形でその時の刹那の状況にフィットするものを提供するという、ある意味で贅沢で新しい価値提供を行い、歯科医院における待ち時間を少しでも上質な、意味のある過ごし方へ変えてもらいたいという思いで開発しました。

創意工夫

待ち時間という短い時間で動機付けが可能なちょうど良い文字量と視認性が担保できるデザインフォーマット、紙としての質感がありながら高いポータビリティを満たす薄さと大きさ、原稿用紙の価値をワンランク引き上げるオリジナル木製スタンド、手軽さと楽しさを感じさせるネーミング、歯並びをデザインソースとして文字原稿と沿うように作られたロゴマーク。すべてにおいてデザインコンセプトを軸としました。

仕様

B5サイズの紙(特殊紙)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ウェブサイト、歯科医院
はなはなしサービスウェブサイト

審査委員の評価

待ち時間という歯科ならではの隙間の時間を設定した企画デザイン。原稿用紙は、待ち時間の長短にかかわらず読み切りやすい適度な長さであり、手描きによる優しい表現は待ち時間を過ごす患者の緊張をほぐすような効用を企図されたものである。全ての設定が場所と時間と心理の観察から導き出された優れた最適解であり評価できる。

担当審査委員| 齋藤 精一   色部 義昭   喜安 政幸   平林 奈緒美   Ming-Lung Yu  

ページトップへ