GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン金賞

受賞対象名
都市公園 [天王寺公園エントランスエリア「てんしば」]
事業主体名
近鉄不動産株式会社
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
近鉄不動産株式会社 (大阪府)
受賞番号
16G110974
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

「てんしば」は大阪市天王寺区にある約26haの天王寺公園のうち約25,000㎡のエントランス部を、多目的に利用できる約7,000㎡の広大な芝生広場を中心とする新たな賑わいゾーンとして、官民連携によって再整備したものである。日本一の超高層ビル”あべのハルカス”を背景に、広々とした芝生広場を中心としてその周辺に低層のレストランやカフェ、子どもの遊び場やドッグラン、フットサルコート等の施設を配置した。リニューアル後は、地元や周辺地域から訪れる子育て世代から高齢者までに加えて、国内外からの観光客、買い物客等の幅広い層の来園者で賑わっており、あべの天王寺エリアの更なる活性化の核になると期待されている。

プロデューサー

近鉄不動産株式会社 アセット事業本部 ハルカス運営部 執行役員 中之坊健介

ディレクター

近鉄不動産株式会社 アセット事業本部 ハルカス運営部 佐保田光章、北畠肇、白井宏佳、能美慎次郎、松本太一、後藤豊、塩見圭大、小塚康生、森良行、山本佳宏、和﨑央

デザイナー

株式会社竹中工務店(建築デザイン) 原田哲夫、橋岡佳令、松田知也、宮島照久、鈴木雅史、西村敬+HUMUS landscape architecture(ランドスケープ)+廣村デザインオフィス(サイン)

株式会社竹中工務店 大阪本店 設計部長 原田哲夫

詳細情報

http://www.tennoji-park.jp/

リニューアルオープン
2015年10月1日
販売地域

日本国内向け

設置場所

大阪市天王寺区茶臼山町5番55号

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

広大な芝生広場と魅力的な店舗の整備による公園イメージの刷新と、都心の新たなランドマークの創出

背景

あべの天王寺エリアは近年相次ぐ大型開発によりエリアイメージが刷新され、多くの人々で賑わうようになってきていたが、天王寺公園はエントランス部の老朽化や有料であることなどから十分に活用されていない状況であった。大阪市はこの地区を観光拠点の重点エリアと位置付け、その核である天王寺公園のエントランス部を無料化すると共に民間活力導入によって再整備することとし、公募により選定された近鉄不動産が事業を実施した。

デザイナーの想い

従来の閉鎖的で鑑賞が中心であった公園を、開放的で体験を目的とする”オープンスペース”としての公園へと再生することで、利用者の創造性を喚起し、多目的で自由な活動を体感できる空間となるようにデザインした。”てんしば”を訪れることにより地域の住民等の来園者の”幸福”と”シビックプライド”が醸成されるなど、天王寺公園とあべの天王寺エリアの都市再生を加速させるプロジェクトになったと実感している。

企画・開発の意義

①閉鎖的で施設が老朽化した既存公園のイメージを劇的に刷新 ②広大な芝生広場という話題性の獲得 ③あべのハルカスや通天閣からの視点を意識した雄大なランドマーク ④天王寺動物園や市立美術館、あべのハルカスなどの周辺施設との相乗効果 ⑤人々が思い思いに楽しめるオープンな雰囲気の提供 ⑥公園への来園者のリピート率の向上 ⑦公園との親和性の高い店舗構成による多様な時間の使い方の提供

創意工夫

①ランドスケープデザイン:約7,000㎡の芝生広場を設け、誰もが使いやすい公園への再生を目指した。芝生広場は既存地形の高低差を利用しわずかに傾斜した”すり鉢状”とし、身体が包み込まれる居心地のよい場所として身体に働きかけるよう仕掛けた。あべのハルカスや通天閣からの景観を意識した鳥瞰的なアーススケープを創出している。 ②公園との親和性を考慮した店舗計画:公園との親和性を考慮し店舗の構造は全て木造とした。オープンテラスやデッキなど外部の飲食スペースを設置すると共に、子どもの遊び場やドッグランなど、公園のアクティビティと一体的に利用できる店舗構成とした。 ③施設配置計画:楽しさやにぎわいを生み出す施設を連続的に配置して回遊性を高める計画とした。また、屋根の形状や色の変化により施設ごとに個性のある外観デザインとし、サインデザインも公園のコンセプトに合わせた動物をモチーフとしたデザインとしている。

仕様

①整備面積:天王寺公園エントランスエリア「てんしば」約25,000㎡ ※別途、茶臼山北東部エリア(約5,400㎡)も同時に整備 ②芝生広場:約7,000㎡ ③店舗施設:木造1階建及び2階建ほか、計8棟 (建築面積:約2,640㎡、延床面積:約2,530㎡)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

大阪市天王寺区茶臼山町 天王寺公園エントランスエリア「てんしば」
天王寺公園エントランスエリア“てんしば”

審査委員の評価

市民の活用が少なくなってしまっていた公園のリニューアルであるが,民間による整備・運営である点が,まず何よりも素晴らしい。もちろん,仕組みだけではなく,芝生を中心としたおおらかな広場,様々な工夫によって実現した木造店舗など,市民のにぎわいを支えるデザインも質が高く、しっかりとした市民の憩いの場となっている。今後の社会資本整備に関する一つのモデルとなるだろう。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ