GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
宗教施設 [水天宮]
事業主体名
宗教法人水天宮
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
宗教法人水天宮 (東京都)
株式会社竹中工務店 (東京都)
受賞番号
16G110967
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

安産・子授け・水難除けなどの御利益で知られる東京日本橋の神社「水天宮」の、江戸鎮座200年記念事業の一環として、境内を一新した御造(ごぞう)替(たい)(建替工事)である。12日に一度巡ってくる戌(いぬ)の日や休祝日には多くの人が安産祈願に訪れるため、何よりも参詣者の安全・安心を第一に考え、境内全体を基礎免震構造とし、鉄筋コンクリート造として耐火性能を確保している。社殿では、コンクリート躯体の内外に宮大工の伝統技術を存分に活かして、白木の美しい伝統木造様式を表現している。

プロデューサー

宗教法人水天宮 代表役員 有馬頼央

ディレクター

株式会社 竹中工務店 東京本店 設計部 水野吉樹

デザイナー

株式会社 竹中工務店 東京本店 設計部 水野吉樹、井上博明、伊藤由紀子、岡部亨一、横田隆志

(左より)水野吉樹、井上博明、伊藤由紀子、岡部亨一、横田隆志

利用開始
2016年4月
販売地域

日本国内向け

設置場所

中央区日本橋蛎殻町2-4-1

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

「安心・安全な神社」/「現代に生きる伝統をデザインする」をコンセプトにデザインを行った。

背景

旧社殿は鉄筋コンクリート造で昭和42年に建造されたが、建物診断の結果、耐震性に懸念があることが判明した。そんな折に東日本大震災が発生し、近隣の方々からは「避難所として使わせて欲しい」との要望が出たが、やむを得ず、お断りせざるを得なかった。参詣者や訪れる方、全ての人々の安心・安全を第一に考える水天宮の強い想いから、鉄筋コンクリート造(免震構造)での御造替の計画がスタートした。

デザイナーの想い

「現代に生きる伝統をデザインする」というコンセプトは、社殿、待合、参集殿という3つのボリュームからなる新社殿の、それぞれのファサードにも現れている。待合、参集殿は、史料の参照から、かつて存在した武家屋敷に在ったと思われる長屋門や蔵、塀を抽象化したデザインとしている。待合や参集殿は社殿の背景として歴史性と都市性を纏い、新たな歴史を刻むランドマークとしての社殿の威容を引き立ててくれている。

企画・開発の意義

多い日には数千人が訪れる水天宮。この境内全体を免震化して参詣者の安全・安心を確保するという試みは、世に数多存在する神社の中でも例を見ないものである。免震以外にもデザインや施工方法も含め、現代建築のノウハウを最大限に発揮しつつ木割に基づいた伝統的表現を成立させており、様々な観点から、建築主のみならず参詣者や近隣住民にとっても意義のある、日本橋蛎殻町の誇りとなる新社殿が誕生した。

創意工夫

境内を2階レベルに設定することで、1階レベルの四周に廻廊と呼ばれる空間を確保することが出来た。廻廊は現代的にデザインされた神社の参道として参詣者を迎え入れると同時に、大地震や悪天候時には、境内(廻廊)に一歩足を踏み入れれば身を守ることが可能となる機能性も獲得した。構造面では、境内全体の免震化により大地震時の揺れが低減されるメリットを生かして、一般のコンクリート柱より細く(250角) 社殿の木オーダーと調和する「高強度八角形スリム柱」を開発し、広々とした空間が求められる待合室等に採用した。柱の表面にはコンクリートに杉板の模様を転写させた「杉板本実打放し仕上げ」を採用し、暖かみのある空間とした。環境面では、「戌の日」「祝日」「平日」と参詣者が大きく変動することを念頭において、空調や雨水再利用水槽の使用量を参詣者数に応じて制御し、利用者の快適性向上や建物全体での省エネ化を実現した。

仕様

建築面積 2010.28㎡ 延床面積 5000㎡ 階数 地下1階,地上6階,塔屋1階 構造 RC造(免震構造)

どこで購入できるか、
どこで見られるか

東京都中央区日本橋蛎殻町2丁目4番1
水天宮 ホームページ
竹中工務店 リリース

審査委員の評価

安産祈願などでも有名な水天宮が大規模な建て替えを行った。境内全体を免震構造にするという大胆な計画だが、一方で社殿は宮大工の技術を存分に生かした伝統的な様式を継承している。都市部における宗教建築は、宗教性のみならず安全性や公共性など、様々な視点での社会的要請に迫られることが宿命だが、その中で伝統と現代性とのバランスを的確に保っている点が素晴らしい。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ