GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
スイムトレーニング施設 [DAIKANYAMA AQUALAB]
事業主体名
株式会社IMPRINT
分類
店舗内装設計・インテリア・公共空間
受賞企業
株式会社IMPRINT (東京都)
株式会社MONarchitects (東京都)
株式会社ジャパンアクアテック (長崎県)
受賞番号
16G110926
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

トップアスリートに愛用されている最新鋭の設備を誰もが利用できるスイムトレーニング施設。プライベートな空間で、誰かの視線や、泳ぐスピードを気にすることもなく、スイムやウォーキングが楽しめるつくりとなっている。プライベートプール内では利用者の気分やエクササイズにあわせて、映像音楽やライティングの調節が可能であり、アスリートのトレーニングからシェイプアップまで、目的に応じた流水コントロールができる。日本を含む世界各国のナショナルチームに採用されている動作分析システムを用いたスイム指導も可能となっている。

プロデューサー

IMPRINT 大久保のり子、北島康介、細川大輔

ディレクター

MON architects 水間寿明

デザイナー

MON architects 水間寿明、三澤武志、小松俊行

詳細情報

http://aqua-lab.co.jp

利用開始
2015年11月
販売地域

日本国内向け

設置場所

東京都渋谷区猿楽町3-7代官山木下ビル1F

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

ハードなトレーニングからリラクゼーションまで、利用者一人ひとりにとっての心地よさに寄り添う空間

背景

「水泳は一生できるスポーツ、誰でもいつからでも楽しめるスポーツである。水泳人口の拡大と水泳スキルの底上げ、水泳を基軸としたコミュニケーションの機会増を目指す」という事業者の想いのもと、最新鋭の技術とトップレベルの指導者によるスイムトレーニング施設の計画がスタートした。ここでは機能や性能だけでなく、利用者それぞれにとっての「心地よさ」を生み出す上質なエクササイズ空間が求められた。

デザイナーの想い

現代のトレーニング理論や器具の発展はめざましく多種多様なトレーニング施設が存在する。この施設はハードなトレーニングだけでなく、コンディションの維持やシェイプアップからリハビリまで可能であり、時にイベントスペースともなる。エクササイズによるフィジカルの向上とともに、空間がメンタルにおいてもプラスに働きかけることができたら良いと思う。エクササイズの種類や利用者の気持ちに寄り添える空間であると嬉しい。

企画・開発の意義

プールの運営は、場所の確保、ランニングコストや安全管理など様々な課題がある。流水プールを採用することで、省スペースかつランニングコストを抑え、マンツーマン指導による安全管理や動画撮影による動作分析が可能となる。建築的な制限をクリアし、日本最新鋭の技術を一般の人でも利用することができる環境がうまれることが、スイムトレーニング施設の新たな在り方を示すものとなる。

創意工夫

すべてがコントロールできる新築工事と違い、既存ビルの限られたスペースに、機能や性能と上質なエクササイズ空間を如何に成立させるかが課題であった。約24tある流水プールを支えるため、梁成300mmの鉄骨をRC柱に繋ぎ、荷重を杭に伝える補強を施し、構造耐力上影響のないスラブを一部取り除くことで必要な高さを確保した。照明器具、モニタ、スピーカーの全てを1台単位で調整可能なシステムとすることで、利用者の要望を聞きながらその場で指導や対応ができるようになっている。プールサイドに設けた暖炉の炎のゆらぎはリラクゼーション効果を得られると同時に、ウォーキング時の室温を上昇させたり、プールから出た後の採暖の目的もかねている。流水システムによる騒音や振動、プール特有の湿気や塩素など厳しい環境に対処しつつ、断面形状や高さを活かし、照明や音響の効果を用いて、利用者にとっての「心地よい」エクササイズ空間を目指した。

仕様

既存ビル1階、床面積:115㎡、流水プール:2m×4m

どこで購入できるか、
どこで見られるか

DAIKANYAMA AQUALAB
AQUALAB

審査委員の評価

水が持つ美しい現象が空間全体を染め上げていて、美術作品のような美しさがある。ハイテクノロジーによって小さなスペースでスポーツも可能にした業態の新しさも評価できる。どことなく日本的な魅力のある作品である。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ