GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
石垣島StructualBoxHotel [『急増するインバウンド需要によるホテル不足問題への解決策』]
事業主体名
シマダアセットパートナーズ株式会社
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
シマダアセットパートナーズ株式会社 (東京都)
受賞番号
16G110925
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

『これは日本社会の重要な課題である、急増するインバウンド需要による"ホテル客室数不足問題"に焦点をあてたプロジェクトである』観光政策の強化により、インバウンド需要の拡大が続いている。一方で、ホテル客室数不足といった受け入れ面での課題が深刻化している。 この取り組みは、ホテル客室を早期に提供するための解決を意図したプロジェクトである。 採用するシステムは、住宅産業を支え続けてきたプレカット工法である。地域木材を活用し、 短期間・低コストで実現した『Structual Box』は、シンプルな構造で、様々なカスタマイズが可能となっている。

プロデューサー

シマダアセットパートナーズ株式会社 代表取締役 島田成年

ディレクター

シマダアセットパートナーズ株式会社 専務取締役 佐藤悌章、杉林友彦

デザイナー

シマダアセットパートナーズ株式会社 佐藤修司+株式会社MICHIRO建築設計 髙木美緒

詳細情報

https://www.chura-cucule.jp/

オープン
2016年10月9日
販売地域

日本国内向け

設置場所

全国可

仕様

90角の地域木材を使用した『プレカット工法』による、工期短縮型客室空間の提案。

受賞対象の詳細

背景

観光立国を国策として掲げた日本政府の施策により、インバウンド数は昨年急激に増加し、2020年にはその数を4千万人に引き上げる目標を掲げており、更なるホテル不足の深刻化が予想される。2020年には約4万室の不足が発生すると予測されており、インバウンド拡大に水を差す惧れもある。このホテル客室数不足問題の解決策として、プレカット工法による短期間・低コストで客室の提案を行う事で、早期解決を目指している。

デザインコンセプト

インバウンド急増により不足する客室数の早期解決を目的とした、プレカット工法によるホテルプロジェクト

企画・開発の意義

短期間・低コストで実現可能な『Structural Box』を全国に普及させることで、ホテル客室数不足の問題を解決させる。全国どの地域においても、安価かつ短期間で実現できるプレカット工法は、住宅業界のみに留まらず、他業界に活用の場を広げて国内木材産業の発展に繋がる。地域材料を活用し、地元の職人が施工することで地産地消にも繋げたいと考えている。

創意工夫

汎用性を高める重要な要素として、「どの地域においても容易に、安価に応用できる事」を目指した。プレカット工法による、シンプルな構造で施工も容易である。経済性に優れていることによって、地域や環境に左右されない、即効性のあるプロジェクトと成り得ることを目指した。 木材の素材感を生かした落ち着きのある作りとしており、各ベッドにはプライバシーを確保するために、カーテンや合板での間仕切り壁を設置し、荷物が入れられる収納を取り付けた。ミニデスクやTVデッキなど取り付けることも出来、宿泊者のニーズに合わせたカスタマイズが可能である。このような汎用性の高さから、全国のホテルにて需要が高まることを期待している。

デザイナーの想い

インバウンド急増によるホテル不足。一方で減少する新築木造住宅の着工棟数。 深刻化するホテル客室数不足を解決すると共に、プレカット工法による国内木材の活用の場を拡大することと、その地域の木材を使うことで地産地消に繋げ、地域活性へと結びつけることを目的としたプロジェクトである。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

ちゅらククル石垣島
ちゅらククル石垣島公式ホームページ

審査委員の評価

建築的着想、アイデアに満ちた作品。大掛かりな建設や投資をすることなく、宿泊施設を増やすことができるのが面白いし、デザインもエレガントで好感が持てる。一方で、このユニットを具体的にどのような場所に置くのかと考え出すと、その適応範囲の狭さが気になってくる。さらにはターゲットとするインバウンド需要が宿泊施設に求めるテイストやクオリティとのかい離も気になる。アイデアとターゲットがミスマッチであるのだろう。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ