GOOD DESIGN AWARD

閉じる
キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

このページの画像、テキストの無断転載を禁じます。 (C)JDP All rights reserverd.

受賞対象名
歴史的建築物を再生した菓子店舗 [北菓楼札幌本館]
事業主体名
北菓楼
分類
業務用の建築・施設
受賞企業
株式会社北菓楼 (北海道)
株式会社竹中工務店 (北海道)
安藤忠雄建築研究所 (大阪府)
受賞番号
16G110918
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

赤レンガ道庁や時計台と並び、札幌を象徴する歴史的建造物である旧北海道庁立図書館の 「動態保存」の計画である。レンガ組積造と鉄筋コンクリート造をハイブリットした構造 体を補強しつつ、外壁を建設当時の形に保存・復元を行うことで歴史を尊重した景観をつくりだした。インテリアは吹抜をはさんで新旧の構造体を対峙させ、軽快なボールト天井を設け北海道の食文化を代表する菓子ブランドである「北菓楼」の解放感のある店舗と中空に浮く喫茶空間を実現した。店舗の壁一面に本棚を設け、かつて図書館であったことの記憶装置とした。歴史的建造物を静的な保存ではなく同時代に活用されつづける建築として再生した。

プロデューサー

株式会社北菓楼 代表取締役社長 堀昭

ディレクター

株式会社竹中工務店 設計部 西田達生+安藤忠雄建築研究所 安藤忠雄

デザイナー

株式会社竹中工務店 設計部 横尾淳一+安藤忠雄建築研究所 若山泰伸

詳細情報

http://www.kitakaro.com/ext/tenpo/sapporohonkan.html

利用開始
2016年3月
販売地域

日本国内向け

設置場所

札幌市中央区北1条西5丁目

受賞対象の詳細

デザインコンセプト

景観の保存・修景と現代的なインテリア、北海道を代表する製菓企業利用による歴史的建造物の「動態保存」

背景

北海道庁が所有していた大正15年竣工の既存建物は、札幌市の中心に位置し図書館・美術館と時代毎にその用途を変えながら利用されてきたが、昭和55年ころより有効活用されていなかった。建物が竣工時の魅力を取り戻し、都市の活性化に寄与するための様々な方策が検討され、上記の趣旨に賛同する民間グループに売却する方針となり、事業コンペティションにより北菓楼グループが選定され、プロジェクトの実現となった。

デザイナーの想い

海外とくにアジア圏からの観光客の多い北海道であるが、自然環境に注目が集まることが多く、歴史的・文化的な遺産に注目が集まることは比較的少ない。今回の計画でそれらを一つの形に表現し、広く北海道について知ってもらいたいという願いを込めた。 また既存建物は近年閉ざされた用途で使用され、老朽化が目立っていた。より身近な施設として広く活用されることで、魅力的な国際都市の発展に寄与するよう期待している。

企画・開発の意義

官庁が主導するアカデミックな文化財保護法による「静態保存」や、民間が主導した場合によくみられる経済最優先の形だけの保存とならないよう、それぞれの良いところを取り入れた。 具体的には価値ある部分の積極的な保存・復元を行い、将来的な価値観の付加のためやむなく解体する部分に関しては店舗内に設置した「メモリアルルーム」に保存し公開している。 街並みの修景を考慮し既存建物と同等のボリュームとした。

創意工夫

・ ユニークな構造体がわかりやすくインテリア化されるよう、補強に当たってはレンガ壁内部に鉄筋棒を挿入する方法を採用し、内外ともデザインが損なわれることがないようにした。レンガは荒々しいその表情をそのままインテリアとして表現した。 ・ 一方今回の計画による構造体はレンガ造と対照的な、梁が無く厚さの薄いフラットスラブを採用し、新旧の技術の対比が緊張感を生む印象的なインテリアデザインとした。 ・ 外壁の修景に当たっては竣工時の図面や改修履歴の資料が少なく、過去の絵葉書や写真を収集しできるだけ当時の形や色を再現した。また今回の改修の施工記録や既存建物の来歴を紹介する「メモリアルルーム」を設置した。

仕様

構造・規模/RC造、一部鉄骨造、組積造、鉄骨鉄筋コンクリート造       地下1階、地上4階 延べ床面積/1351㎡

審査委員の評価

旧北海道庁率図書館の建屋を、菓子店舗として再生した意欲的な計画である。オリジナルのレンガ組積造と、新たに挿入された鉄筋コンクリート造など、古いものと新しいものとが融合、対峙され、魅力的な施設となっている。非常に凝った天井が施設の特徴となっているが、これに対する評価は分かれた。天井部分に注がれたエネルギーが、かえって全体のバランスを崩し、テーマである新旧のベストバランスの追及が見えづらくなっている。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ