GOOD DESIGN AWARD

キーワード
受賞年度
年度(から 年度まで)
特別賞
企業情報
CC

2016

GOOD DESIGN|グッドデザイン賞

受賞対象名
簡易宿所、カフェレストラン [白のminka]
事業主体名
株式会社都田建設DLoFre's
分類
公共用の建築・施設
受賞企業
株式会社都田建設DLoFre's (静岡県)
株式会社ピー・アイ・イー (東京都)
受賞番号
16G110914
受賞概要
2016年度グッドデザイン賞受賞概要

受賞対象の概要※掲載している情報は、受賞当時の情報のため、現在は異なる場合があります。

概要

静岡県浜松市の北部。民家と農耕地が点在する長閑な田園風景に位置する。 当該建物は、交差点を挟んだ2敷地内に計画された施設であり、ホテル(簡易宿所)とカフェレストランを主用途とする複合施設である。地域に根差す工務店が事業主であり、ライフスタイルを提案する施設であるとともに、地域発信・地域活性化に貢献することを意図した施設としてつくられ、スローでクリエーティブな雰囲気を感じることが出来る場を想定した。

プロデューサー

都田建設DLoFre's+蓬台浩明

デザイナー

都田建設DLoFre's蓬台浩明、ピー・アイ・イー坂本政彦

DLoFre's 蓬台浩明、P・i・E坂本政彦

詳細情報

http://www.pie-jp.com/ot-sironominka.html

利用開始
2016年6月
設置場所

静岡県浜松市北区都田町

仕様

メイン棟:敷地面積470.23㎡ 建築面積 192.31㎡ 延床面積272.65㎡ 木造2階建て アネックス棟:敷地面積254.01㎡ 建築面積 120.65㎡ 延床面積188.31㎡ 木造2階建て

受賞対象の詳細

背景

主要都市・主要観光地を除く地方都市・地方農山村においては、人口減少・高齢化・訪問観光客減少などの傾向にある。 地域の魅力・強みに気付き、地域コミュニティーを活性化させ、ローカリティ―の確立・訪問観光客など人を呼び込む場づくりが求められている。 真の日本の魅力は、地方・田舎にあるという考えに基づき、地域住民・周辺住民だけでなく、国内外の域外の人にその魅力を伝達することは非常に有意義である。

デザインコンセプト

あたり前だったはずの風景・環境に気づき、地域の魅力を再認識し、ローカリティ―を活性化させる施設。

企画・開発の意義

新鮮で爽やかな気が流れる場により、五感と心が浄化される。 先入観や固定概念に囚われることない純粋で素朴な視点から、地域の魅力が再認識・再発見されう。 さらにpureでsimpleなライフスタイル提案を体感・体験することにより、地域の将来未来に向けて、インディペンデントでクリエイティブなライフスタイルを産み出す魅力的な機運を醸し出すことが出来る。

創意工夫

典型的な家型を採用したデザインとすることにより、主張し過ぎず、昔からそこにあったかのように感じる民家群そして集落とし、「地」となり、あくまでも、そこの景色・風景・環境が主となるような計画とした。 旅先で体験する街並み・路地裏で、角を曲がる度に新たな風景を発見するような、 そんな体験を感じられる建物間の「スキマ・ヨハク」が中心となる施設配置計画とし、周辺環境を新鮮な目で感じられることを意図した。 建物間から垣間見える風景を眺め、新鮮な目で、そして新たな視点にて地域環境を再認識してもらうことが出来る。 主要な空間としての宿泊エントランスホールもカフェレストランホールも共に、家型の建物のスキマ的位置に配置されている。

デザイナーの想い

施設自体が主張するのではなく、「地」となり、もともとあった景色・環境・地域が主である「図」となることにより、新たな目線で、その地域の魅力に気付くことが出来るような施設デザインを目指した。 先入観や固定概念にとらわれることなく、地域の魅力を再認識し、地域コミュニティーの活性化そして域外の人を呼び込む場の一部となれれば嬉しいと念う。

どこで購入できるか、
どこで見られるか

カフェレストラン 9sense dinning FACEBOOK page
ピー・アイ・イー プロジェクト情報page

審査委員の評価

建物間に挟まれた空間が、集落のような独特のスケール感を生み出して魅力的なカフェレストランが生まれている。後背地に広がる山並みの中に点在する白いボリュームが印象的である。一方で、単体の建築物としては高さがやや高すぎ、建物に挟まれた空間を圧迫されているようにも感じる。周辺のコンテクストとの関係も、もう一歩踏み込んだ計画が成されれば、敷地になじんだサイトスペシフィックな魅力が生み出せたかもしれない。

担当審査委員| 山梨 知彦   千葉 学   中村 拓志   星野 裕司   Lee Siang Tai  

ページトップへ